6月になったー!
2017年06月02日 (金) | 編集 |

またまた間が開いてしまいました^^:

6月は心を入れ替えて
初心に戻り、まめに更新することを誓います!

(ほんとかニャー?)


日曜日のわんわんフェスタは盛況でした~

当然ながら、わんこ連れの方が大勢で

いろんな犬種が見られて楽しかったで~す♪


いつもフードやグッズを支援してくださる
Sさんも愛犬のレイナ嬢とくるみ嬢と一緒に
来てくださいました~


0602くるみ、レイナ



私たちもミニ写真展とチャリティグッズ販売


0602ぽこさん


そして、ぽこさんのお話し会で参加させていただきました~


0602お話し会


そして、TokTok幼稚園の今春
いまのところ唯一の入園生

生後一か月のキジトラ女子


0602めめ1


ぱっちりお目目が印象的なので…

「めめ」ちゃhんに命名~

今回も決まったーー



フードも食べるけど、本来ならまだ
母猫のおっぱいを吸っているころ

哺乳瓶でミルクをあげてみたら
これが良く飲む~


哺乳瓶を手にしただけで
膝の上に乗ってきま~す


0602めめ2


耳をピコピコ動かしながら
哺乳瓶に吸い付いて飲むのを見ていると

なんか、自分でおっぱいをあげているような
気持ちになってきて… 

母性爆裂~!!


こちらの方も、父性爆裂~!!







保父猫ハッピ

育て上げた子猫の数知れず

しっぽでの遊ばせ方も慣れたもの


これから入園者増えるかもしれないから

頼りにしてまっせ~~!!



 子猫の季節
2017年05月27日 (土) | 編集 |

春は新しい生命が生まれる季節

野良ちゃんも寒い冬を乗り越え

公園で、倉庫で、空き家で

人や外敵に見つからないよう

一生懸命子育てをしています


本来なら、母親の務めをまっとうさせて
あげたいけど、今の世の中、それが幸せとは限らない…


虐待、交通事故、飢え…

野良の子猫は全頭が大人になるまで
育つわけではありません

仮に大人になれたとしても、
その寿命は長くて数年と言われています

家猫は十数年、中には20年以上
生きる猫もいます


猫に関しては、自然のままがいいとは思いません

もう「イエネコ」という種なんです

人間が手を差し伸べてあげる必要があります


最近、里親さんから「子猫を拾ったー」の
ご連絡が2件


ナッツ、ミントの里親さんは離乳前の子猫
を拾ってしまい家族全員で子育てに奮闘中






この子の母猫、兄妹猫については、
今後保護のお手伝い予定


もう一件が、三丸(富士)と草太(大和)
の里親さんから


会社の敷地内で母猫が子育てをしていて

場所を移動した際に、一匹残されてしまったと


家に連れ帰ったはいいものの
子猫の扱いは経験なく
おまけに三丸が子猫にうなったり
手加減せずに遊び相手にしようとして
途方に暮れていると…






ちっさー





つーか、三丸も草太もでかくなったー


つーことで、うちに連れてきてもらいましたー


体は小さいけど、子猫フード食べるので良かった(^-^)


今回は楽な育猫だと気を抜いていると
急に体調崩したりもあるので
気が抜けない…





明日は神奈川でイベントがあります



http://katsuraomura.blog.fc2.com/blog-entry-339.html?sp




かつらお動物見守り隊で参加するので
是非お越しくださいー!



 更新しないで、ごめん寝
2017年05月25日 (木) | 編集 |



日曜日に葛尾村から帰ってきて、

怒涛の仕事責めにあってます>_<



飼い主に代わって、アンから

ごめん寝~

許して寝~(_ _).。o○







 子猫の成長は速い!
2017年05月14日 (日) | 編集 |

子猫の季節ですなー

あちこちで子猫保護したー!

子猫捨てられてたー!


という声が聞かれます…


私のところにもちらほら相談が…


みなさん、なんとか子猫を生かそうと頑張っています

私もできるところはお手伝いしたい


だが、去年のように一気に子猫十匹は避けたい…


まあ、ダイエットにはいいです

四キロ痩せましたからー(^_^)

名付けて、子猫ダイエット!


今日は去年産まれの子猫たち


セマちゃん、ペップくんに再会してきましたー!






1月にお届けして四カ月近く



涙の再会になるわけもなく、

怪しい人認定で、速攻本棚の裏に隠れられました(><)







しかし、子猫の成長は速い❗️


どちらも大人っぽい顔つきになり

手足がすらっと伸びた❗️


特にセマちゃん






アイラインばっちしのスレンダー美人


猫界の菜々緒か?


でも、気持ちはまだまだ子供









毎日、ご家族にたくさん遊んでもらって

たくさん甘えて…

幸せいっぱいのセマちゃん、ペップくん


出会いに感謝です(^-^)


 出戻り娘(渦の場合)
2017年05月14日 (日) | 編集 |

出戻りもいろいろありますが…


手毬の場合は、里親様は愛情をたくさん
注いでくれたのですが…

残念ながら、環境的要因で…
出戻りました…


同じころで戻ってきた「渦」ちゃん


0513渦全身


クリスマスのころお届けして

里親様のところで、何不自由ない暮らしを
していたのですが…


0513渦@里親様宅


そう言えば、最近どうしているかなと
里親様にメールを出したのが3月頭

すると、思いがけない返事が返ってきたのです


毎日、渦が手や足に襲い掛かり
本気噛みしてくると…

「愛おしいと思う反面、噛まれると
2日くらい無視してしまい、自分の狭量さ
が嫌になります」と…


思いがけない返事にびっくりして…

「これから10年以上、家族として一緒に
暮らして行けますか?」と聞きました

里親さんが幸せじゃなければ
猫も幸せではない

「もし自信がないのなら、戻してください」
と言いました

里親様は1か月くらい悩んだ末
渦を私の元に戻す決心をしたのです

傷跡を見せていただきましたが
確かにひどい…

堅いお仕事のため薄着になった時
会社の人にどう思われるか・・

そう考えて泣く泣くでした

その涙を見た時、何とか噛み癖を治して
戻してあげたいと思いました


里親様の話では…
本気で噛むようになったのは
里親様の仕事が忙しくなり
帰宅が遅くなったころからだそうで

帰宅してしばらく遊んであげて
もういいだろうと食事をしたり
テレビを見ていたりすると襲い掛かってきたと

それ以外の時はないと
夜も一緒に寝ていたと



人のそばにいるのが大好きな渦

0513渦腕枕


長時間での一人の留守番がよほど
ストレスがたまったのだと思います

噛むシチュエーションが決まっているのなら
案外、簡単に治るかも…と思っていたのですが


わが家で噛み癖を治す訓練をしようにも、
まだ一回も噛まれていない


決して猫は好きではないが
他の猫がいるので関心が散らばるせいなのか

本気噛みするようなシチュエーションにならない

いろいろ考えた末、
里親さんには、渦は他の気の合いそうな猫と
一緒に飼うか、それが無理なら渦のような
人への依存性が高い猫ではなく
一匹でも大丈夫な性格の猫を飼うしかないと
提案しました

お返事はまだ…


たかが猫、されど猫

みんな、その子がどうすれば一番幸せか
真剣に考えているのです

渦ちゃんの幸せはどこにあるのかな~?


0513渦腹見せ


渦の重~~い愛情を
がっしりと受け止めてくれる留守番のない
大家族さんがいいのかな~?

そろそろ、渦の今後のことを決めないとね


あっ、私には重すぎるので
ムリですから~