3/19浪江町、葛尾村訪問(その2)
2017年04月09日 (日) | 編集 |


3/19日は久しぶりに…
たぶん、数カ月ぶりに葛尾村の給餌にも
行きました~


葛尾村の給餌は仲間と連携して
間が開かないようにしていますが、

最近は福島在住のたけさん、ぽこさんが
回ってくれることが多いんです

久しぶりに来たら、取り壊されている家が
かなりあり、風景が違っていて
迷うことがしばしばでした


もう村に帰らない、帰れないと決めたのか
震災以後、給餌ポイントにさせていただいて
いた家がなくなって、更地になっているのはさみしいですね


時の流れを感じます。。


それでも、私たちが運ぶフードで命を
つないできた猫たちを見捨てることはできません


更地になったところに
たけさんが給餌ボックスを設置してくれてました


0406夏湯給餌器


カメラで確認もしていて、ここには
主に3匹の猫が通ってきているそうです


Mさんのお宅に行くと…
勝手に住み着いているキジ白が早速
出てきてくれました


0406でぶキジ白@松本茂


3,4年前にTNRした♀です

あの時がんばってTNRしていなければ
ここも猫パラダイスになっていたかもしれません

TNR大事です
今ある命を守るためにも

このキジ白も命をけずって子育てを
する必要がなくなったせいか
ふっくら(すぎる?)として、穏やかな日々を
過ごしているようでした


葛尾村は昨年6月に避難指示解除に
なりましたが、帰ってきている村民はごくわずか…

帰村したのは、ほとんどが高齢者です


その一人がNおじいちゃん、おばあちゃん


三春町の仮設住宅に住んでいるころから
村に帰ってきたいと言ってました

それまで5年間ずっと葛尾の家で留守番を
していたトラちゃん


0406トラ2@南條

おじいちゃん、おばあちゃんがやっと帰れる
となったころから、腎臓が悪いことがわかり…

80歳を超えたおじいちゃん
頑張って、車で30分はかかる動物病院に
通院してくれています

「5年間待ってたからな~
トラには長生きしてもらわねえど」って

トラちゃん、頑張れ~!


Nさんちには犬もいます

初めて見た時は、その肥満ぶりに
口あんぐり…だったのですが


0811南條さん犬1


支援者さまが送ってくださったダイエットフードを
差し入れつつ、「このままだと死んちゃうよ」って
脅しつつ… ダイエットを続けてもらった結果


おおっ、微妙だけど、確かに痩せてる!!
痩せてるよ~~


0406南條さんわんこ


「このままダイエット続行だよ!」
って釘を刺しておきました~


この日は給餌以外にも大事なミッションが
ありまして…

諸般の事情から、給餌を止めて欲しい
と言われてしまったS牧場に食べに来て
いる猫たちの捕獲


1016篠木キジ白


この子とよく似た白キジがあと2匹います


捕獲機をしかけ、給餌の後に回収しに行くと…


0406シルキー捕獲


白キジ1匹ゲット~


人間の事情は猫にはわからないと思うけど
ここにいたらいずれ飢え死にしちゃうからね

この自然いっぱいの葛尾を離れるのは
嫌だろうけど…

千葉に連れて行くよ!


ってことで、お持ち帰りしました~

S牧場にちなんで、名前は「シルキー」


たけさんもS牧場で何頭か保護してくれているので
残っているのは、たぶんあと1匹

これからこういうケースが増えるんだろうなあ
ただ命をつなぐために給餌していた震災直後
とは事情が違うからね。。。

まあ、なんくるないさー で頑張ります!!


 3/19日浪江町、葛尾村訪問(その1)
2017年04月06日 (木) | 編集 |


先日…と言っても、かれこれ2週間以上

経ってしまいましたが、浪江町と葛尾村に

給餌活動に行きました!


もりけん号(運転手:もりけん)で
くうちゃんの里親のIさんが
同行してくださいました~


(保護時のくうちゃん)

0706くう2


ひどい猫風邪で目が塞がり
ただ声だけは大きくて
ミャーミャー鳴いてた…



今はこんなに立派になって…

0406くう3歳



Iさんは最近、ご自分でも猫を保護されていて…
その里親探しを手伝ったりしています

猫助けのネットワークが広がるのは
嬉しいですね~(*^_^*)


給餌の前に、Iさんには是非
LYSTAの猫サロンOhanaに案内したくて…

開店前のお忙しい時におじゃましてしまいました~


Ohana外観


Iさん、Ohanaの主旨に賛同して

私なんか、たぶん生きている間は
とてもできないような金額の寄付を
Ohana開設のためにしてくださったんです

(私の場合、死亡保険金を遺す以外には
とても無理な金額…)



起き抜けにも関わらず
猫じゃらしに食いつくニャンズ


0406じゃらし@Ohana


朝ごはんに集まるときは
みんな、おしっぽピーン!

嬉しいね~


0406食事風景@Ohana



ちょうど1年前、人馴れ修行のため
LYSTAに預かっていただいた
チャールズ改めのりお(千葉出身)もいたよ~


のりお


あたまに味付け海苔を一枚乗せて
いるので、「のりお」と改名


0406のりお肉球


透明キャットウォークは…

「やーい、肉球みーちゃった!!」

的な得した気分\(^o^)/

(「パンツみーちゃった!!」 のノリか?)


周りには温泉旅館もあるので、
今後は是非ゆっくりと滞在したい。。


その後は一路、浪江町へ


まずは3.11レスキュー日誌のおやじさんの
シェルターへ


わんこたちが熱烈歓迎してくれたため
置かせていただいているフードを
積み込むだけの予定だったのですが…

そのまま後にできるはずもなく

急きょ、みなのお散歩へ

(葛尾村のショコ、ハク)

0406市川さん、ショコ、ハク


えっと、名前が覚えきれない…

茶系の子たち^^;

0406第二シェルター2


えっと、この秋田犬は「こまち」?

あれっ、「つむぎ」かな?

0406こまち


おやじさんシェルターには犬が20頭くらい
いるので、なかなか名前が覚えられません^^;


みんな、とっても良い子で、人間が大好きです

早く、新しいお家、家族が見つかるといいね~


その後、私たちは浪江町町内の給餌へ

3月末の避難指示解除とお彼岸が重なって
いたせいか、これまでになく車と人が多い
浪江町でした


桜はまだまだ、梅の花が満開でした~


0406梅の花@浪江


長くなるので、葛尾村編は「その2」に続きま~す♪

 にゃんた、7年目につかんだ幸せ
2017年04月01日 (土) | 編集 |

にゃんたは不思議な猫でした…

浪江町のある一帯を縄張りとしていて

少なくとも3か所で餌を食べているのは

カメラで確認していましたが…



にゃんた@トレイルカメラ



一度、私たちの車の音を聞きつけて

姿を現したことがありましたが…

50メートルくらい先からじっと見ているだけで

こっちがちょっとでも近づこうとすると

さっと逃げてしまい…


(2014年3月)

浪江町営


(ズームアップ)

にゃんたズーム


なんか、目つきも鋭そうだったので

「あれは生粋の野良だわ」

…なんて思っていたんです


浪江町で保護活動を続ける

3.11レスキュー日誌のおやじさんも

何度か捕獲を試みたそうですが、

絶対に捕獲器に入らない…

「絶対捕まらない君」と呼ばれていました



昨年4月、久しぶりに見かけると

この時は遠くからにゃーにゃ―話しかけて

きたので、これはいけるのではないかと

焼きカツオで釣りながら、猫捕り名人のIさんが

洗濯袋で捕獲してくれました~



その時の様子


2016年4月17日、浪江町


1時間くらいかかったでしょうか…

失敗したら、余計に警戒心が強くなる

後はない! って感じでドキドキでした…


おやじさんが預かってくださり

先生に診せてくれたのですが…

なんと、去勢手術済みでした!!

ほぼ確実に「元飼い猫」


しかも、おやじさんによると

かなりのゴロスリとのこと…


その後、わが家で引き取ると…

とにかく、私の顔を見る度に

「ごはんまだですかー!」と催促

パウチ一袋なんて、あっという間にたいらげ

「おかわりはー?」


にゃんた1



「にゃんたの巨大化が止まらにゃい…」

と心配しました



子猫にじゃらしを振っていると

横から奪い取り…

子猫相手に本気でにゃんプロ…


にゃんた、ジンにゃんぷろ


しょちゅう保護猫部屋を脱走しては

リビングでまったりしたがったけど…


にゃんた、ハッピ@


ハッピにストーカーされ…


にゃんた、ハッピ



たまにブラッシングしてあげると

大量の猫毛が収穫できました~


にゃんた毛玉



もっと、リビングでまったりさせてあげたり

ブラッシングもまめにしてあげたかったけど

常に猫が10匹以上いるわが家では

それはままならないこと…


今はパパさんが毎日ブラッシングと

コロコロしてくださっているそうです


にゃんたコロコロ


新しい猫ベッドに可愛いお友だちと

一緒に寝ているにゃんた


にゃんた新ベッド


二世帯住宅で同居されている

里親さんのご両親もいたく可愛がってくださっているよう


にゃんた里親さんご両親



あの日、人がいっせいに消えてしまって

にゃんたはどう思ったのだろう?


「お腹空いたよー」

「独りぼっちでさみしいよー」

って、泣いた日もあるかもしれません


でも、暑さ寒さも乗り越え

5年間頑張って来てよかったね


里親様はそういうにゃんただからこそ

福島の猫だからこそ、にゃんたを迎え入れたいと

おっしゃってくださいました


にゃんたの新しい名前は「福」ちゃん

福島の福と、幸福を運んでくれる猫だから…


福ちゃん、この1年楽しかったよ~

ぶさかわとか、巨猫とか、犬のようにバクバク

食べるとか、いろいろ言ってごめんね~


本当の家族の皆さんと

末永くお幸せに~




 福島に行ってきました!(その2)
2017年02月21日 (火) | 編集 |

明日はバリウムを飲む日

午後8時以降は何も食べてはいけない…


でも、お茶とお水ならいいそうなので

まあ、芋からできた水もいいだろうと

まあ、芋を発酵させて熟成させた水ですが…


まあ、はっきり言うと、芋焼酎ですが…

ロックならほぼ水分なのでまあいいだろうと

勝手に解釈してます(>ω<)


一昨日の福島行き報告のつづきです


まずは、浪江の「3.11レスキュー日誌」

のおやじさんシェルターを訪ね

わんこのお散歩のお手伝い


0220散歩1

被災者さんからお預かりしているわんこ

元飼い主から放棄されたわんこ

事情は様々ですが

性格の良い子ばかりです


0220散歩2


シニアの子も多いけど

頑張って、一歩一歩踏みしめて

土のにおいをかいでいる仕草が

なんとも愛おしいです



おやじさんシェルターには犬が20頭以上

猫の数は・・・ 聞くのわすれた


少なくとも数十頭いるのかな?


今回は保護猫さんも見せていただきました


わが家でお預かりしていた一丸、蘭丸、

三丸のお母さん


0220一丸たちの母


子育てを終えて、人馴れ修行中

「子猫は全員幸せになったからね

安心してね」と伝えましたよ

「はあっ?」って感じだったけど



何カ月も捕獲器に入らず

やっと保護できたというよれよれのキジ白


怒ってます


0220よれキジ白


お目目まん丸、賢そうなさび猫


0220さび



おっとり茶トラくん

0220赤間さんちの猫3


人懐っこいちょび髭くん

0220赤間さんちの猫2


斜めってるのが好き?

0220赤間さんちの猫1


みんな里親募集中ですが

実際、浪江町にいても出会いのチャンスが

限られてしまうので、わが家で預かり

里親さんを探してあげたいですが

可愛い子ばかりで、悩み中…


その後、浪江町内の給餌ポイントを

回ると、やっぱりどこもフードが空っぽで…

今回も猫の姿を見ることはなかったけど


どこかで息を潜めて待っている

その息遣いがなんか聞こえるような気がしました



給餌が終わり、おやじさん第二シェルターに

行くと、わんこが一斉に出迎えてくれました~


0220赤間さん第二シェルター


葛尾村のショコ、ハク

依然、飼い主さんからの連絡はなし…


0220ショコ、ハク2


ここにいれば幸せだけど

飼い主さんの了承がなければ里親探しも

できない…


犬も猫も自分で幸せをつかむことはできない

人間に頼るしかないのに…


余ったフードを拠点に運び入れ

ミッションコンプリート!!


充実した一日でした~♪


 福島に行ってきました!(その1)
2017年02月21日 (火) | 編集 |

トランプ特需の中で、仕事に忙殺
されていましたが

ちょっと一段落したので、もう速攻で
福島に行ってました~

私が行けない時は連携している仲間が
代わりに行ってくれていますが
浪江はみやさんが最後に給餌に
行ってから2週間…

待っている猫がいると思うと
2週間はもう限界なので…

日曜日、いつものように朝5時には
車のハンドル握ってました~


思えば、なんやかんやで昨年暮れに
弾丸で浪江町に給餌に行って以来

今年は初めてだったんですね


いわき湯本で常磐道を下り

LYSTAのオープン間近の猫サロン
oharaの前を通ってみようと思ったら…


思わず通り過ぎてしまいました~


0220ohana外観


昨年夏、LYSTA代表に案内してもらった
時のぼろビルとは大違い…


RIZAPのビフォーアフターよりすごいです~


「いや~、かっこいいなあ、リフォーム頑張ったなあ」

って外からバシャバシャ写真撮ってたら

中から代表のお父様が私を見つけ
「おいで」と手招きしてくださったので
図々しく、オープン前の中を見せていただきました~


もう、大興奮でした~

猫飼いの夢が詰まってる~


0220ohana窓側


ふむ、ふむ、ここに座って猫とたわむれながら、

頭の上のスケルトン回廊を歩くにゃんずの

肉球を鑑賞するのね~


0220ohamaキャットウォーク



あのぼろビル(失礼)をここまでするのは
相当な時間と労力がいったことと思います


0220ohanacattower.jpg


LYSTA代表、スタッフの皆さん、ボランティアさん
の努力の結晶ですね~


近くには温泉旅館もありますので、

是非、一泊で行ってみたいものです


詳しくはLYSTAのブログをご覧ください

LYSTA


オープン前の忙しいときにお邪魔して
しまい、申し訳ありませんでした


でも、見ているだけで脱力系の

「エク」ちゃんにも会えてうれしかった~


0220エクレア


そんなわけで少し遅れてしまったので

再び常磐道に乗り、浪江を目指したのでした~

その2に続く…