8/11日浪江、葛尾給餌活動(その2
2017年09月02日 (土) | 編集 |


なんか、急に秋ですなあ…
あわてて、猫たちが寝る場所に
温かい毛布を入れたり、子猫のベッドに
ホッカイロ入れたり…

この記事は何日も前から書いていますが
思い出しながら書いていると
やりきれない気持ちになってしまい…
なかなか終わりませんでした…


葛尾村の高齢夫婦のお宅で
その子猫を見た時には、
一瞬頭がパニックになってしまいました・・・


ええっと、この子猫は・・・
なんでこんなに痩せてるの?

意識もなさそう・・・、てか、もう虫の息だ

たぶん、明日の朝まで持たないだろう・・・


でも、でも、前にかつらおで保護した
ジャズとセレナは仮死状態で
病院に着いた時、90%ダメと言われたけど

でも、快復した、元気に育った

里親さんも見つかった


家に着いたジャズ&セレナ




この虫の息の子猫も…
もしかしたら助かるかもしれない・・・

可能性はゼロではない・・・

などと、瞬時のうちにいろいろ考えたのですが
その日はお盆休みの初日の祝日で…


何軒か動物病院に電話したら
奇跡的に、高萩の病院が開いていた!!

給餌ポイントは2か所残っていたけど
急きょ、子猫を病院に運ぶことにしました

予感があったのか、子猫のミルクを車に
積んでいたので、スポイトで少し飲ませ
体温が下がっていたので、温かくして
病院に急ぎました


0823ミラクル


葛尾村から茨城県の高萩までは
高速を使っても1時間半かかります

車の中で、みなで
「何とか助かってくれ」
「奇跡の子猫になってくれ」
という思いで、ミラクルという名前をつけました


温めて、ミルクを飲ませたので
体温が少し上がったのか…

道中、少し鳴き声を出すまでなったんです


病院で体重を計ると500グラム


0826ミラクル体重計


でも、これは骨と皮の重さ

肉はまったくついていません

背中もおしりも骨がごつごつ

お腹はぺったんこ

先生もこれほど痩せている子猫はみたことがないと…

栄養不足で低血糖になっていたため
ブドウ糖と栄養剤を強制給餌してもらい


0826ミラクル強制給餌

エコーでは、腸の中はからっぽ…


0826ミラクルエコー



とにかく、固形物を食べることで
低血糖を改善し、体温を上げるしかないと

自宅に連れ帰り、3時間おきにブドウ糖と
ミルクをシリンジであげると…

翌朝だいぶ鳴くようになり
キャリーに入れて、病院に連れて行く時も
「出せー、出せー」って騒いでたの


0826ミラクル翌日


このまま元気になるはずって思ってたのに
先生が体温を計ったら36.8度


0826ミラクル@岡本


元気になったように見えたのに
体温は下がっていた…

そのまま入院させてもらったが
夕方には体温が36度を切ってしまったと…


でも、でも、奇跡を信じて
翌朝、キャリーを持って迎えに行ったんです

でも、ミラクルは冷たくなっていました…


先生がお庭の花で飾ってくれた
小さな、小さな亡骸…


fc2blog_20170826212058f88.jpg



この子を飼っていた高齢夫婦を
責めたくはありません…

可愛がってあげようと
この子を引き取ったはず

でも、決定的に無知でした

子猫は牛乳を飲ませても育つといった
間違った思い込みがありました…

おじいちゃん、おばあちゃんなりに
世話をしていたようですが…



だから、やりきれないですね…

もう少し早く出会っていたら助けられたのに…

無念でした…



先週末、同じように弱っている子猫が
いるとの知らせを受けました


アッシュくん、(諭吉改め)小豆ちゃんの
里親様がその子猫を見かけ
何とか助けたいと仲間のノアママに相談し
ノアママから私に相談がありました

私が預かるので保護して欲しいと
頼むと、ノアママ蚊の猛攻撃を受けながらも
保護して、病院に連れて行ってくれました


ゆきまろ捕獲

そして、日曜日の給餌の帰りに受け取りました~


ゆきまろ病院


背中を触ると、骨がごつごつ…

でも、ミラクルと違って、ご飯を食べる、食べる


きっと大丈夫だと思うんです

ミラクルの分も生きるんだーーー!!!

 8/11日浪江、葛尾給餌活動(その1)
2017年08月26日 (土) | 編集 |



福島被災地での活動報告が
ずいぶんたまってしまって…

あまりにたまりすぎて…
そのうち忘備録でまとめようと思います…


さてさて、2週間前の福島でもいろいろとありました~

もりけん号で、くうちゃん里親さんのIさんが
同行してくれました~

一日長時間運転してもまったく疲れを
見せないもりけんはもちろん

Iさんも良い働きをしてくれましたよ~


お盆休みの初日だったせいか
常磐自動車道が断続的に渋滞で…

浪江町到着が遅れてしまいました。。

まずは赤間さんちのシェルターの
お手伝い


0813赤間さんシェルタ―


葛尾村のショコとハクも元気です~♪

0823ショコハク


その後、浪江町内の給餌ポイントを
回りました~


この時期、人がほとんど住んでいない
浪江町は雑草が伸び放題


給餌ポイントにたどり着くまで
「どうぞ虫がいませんように」
「蛇とか踏みませんように」
祈りながら、雑草の海を駆けぬけていたのですが…

今回は、Iさんがチョキチョキと刈ってくれました~


0823市川さん草刈り


行く先々で、チョキチョキ・・


0823市川さん草刈り2


いやあ、助かりました~( ^ω^ )


今回も猫の姿を見ることはなく
浪江町の給餌活動を終え

この日は葛尾村も回りました~



葛尾村訪問の目的の一つが…


再開した「石井食堂」でお昼を食べる!!


0823石井食堂前


元の場所に新店舗を再建され
この夏から営業を開始

この日はほぼ満席状態


皆さん、「あの石井食堂が村に戻って来た」
って感じで嬉しそうでした

村民のソウルフードなんですねえ


どのメニューも爆盛りで
普通のお店の2~3倍は軽くあるので
前回はタンメンを完食できず…

今回は迷いに迷った末…

ソース焼きそばにしました~


0823焼きそば

写真ではわかりづらいかもしれませんが
麺の量は、他の店の軽く2倍はあります

でも、これぞ「昭和の食堂の焼きそば」
って感じで、懐かしいし、美味しかった~

しかも、昭和なお値段

なっ、なんと・・・500円!


もりけん隊員は、ボリュームありすぎの
「ハムカツ定食」


0823ハムカツ

わらじのようなハムカツが3枚‼!


Iさんはチャーシュー麺

チャーシューがでかくて
もはや、麺が見えない・・・


0823チャーシュー麺


どちらも「コスパ良すぎ~」の600円


震災直後の人っ子一人いない
がらんどうの村に犬猫のレスキューに
入っていた者の一人としては…

石井食堂の再開は…
大きな、大きなランドマークでした~


震災後、近所の猫たちのために
給餌箱を置かせてくださっていた食堂のご主人

(2014年2月)

223石井食堂


おかげでたくさんの猫が飢えずに
生き延びることができました


石井食堂が村に帰ってきた!!

あれから6年半経ったんだなあ
ってしみじみ感じる出来事でした~


村では盆踊りの準備をしていて

こんなにたくさん若い人が集まって
いるのも初めて見ました~


0823盆踊り


感慨深いです。。

やっと、少しずつ、元の葛尾村に
戻っているのかな?


葛尾村の給餌ポイントもずいぶん少なくなり
猫もずいぶん少なくなりました


Yさんのポイントでついに最後の一匹に
なってしまったわれらのマスコット
寅次


0823寅次


表情が豊かなんですよ~

しかも、じらすのが上手なつんでれ


Nさん宅のデブわんこ
ポチともも


0823ぽち、


支援品のダイエットフードを差し入れて
いたおかげか、これでも痩せたんですよ~


この日は思いがけないことに

この後、瀕死の子猫に出会ってしまい

私たちは給餌を取りやめ

高萩の病院へと向かいました

(その2)に続く・・・


 里親会大盛況でした~♪
2017年04月27日 (木) | 編集 |

日曜日はお天気も良く
「しろいぬカフェ」での里親会に
大勢の方にお越しいただきました~

開場前からお待ちいただいていた方々も
いて、嬉しい限りでした

参加猫は9匹

9件のお申し込みをいただき、
これから具体的にお話を進めていこうと思います

私は希望者さん対応でずっとばたばたして
いて、撮った写真がこれ…


0426ダイヤ、スージー@里親会


親亀の上に子亀が乗って…♪

ダイヤくん、里親会の間ずっとスージーに
しがみつかれていました^^;


フードを入れてあげると…

スージーにホールドされてるダイヤくんは
食べたそうにじーっとフードを見つめているだけで…

かわいそうなので、スージーをちょっとどけて
あげたら、やっと食べれました~


0426ダイヤ、スージー@里親会フード


二匹の微笑ましい様子を見て
二匹一緒にとお申込みいただきました~♪

今週末お届けです~


他にコペコちゃん、手毬ちゃんにも
お申し込みをいただきました~


本日、コペコちゃん二回目ワクチンに
連れて行ったのですが…

油断していたら、診療室内逃げ回って
くれました><


大運動会してお疲れのコペコ


IMG_1798.jpg



動物病院には毎春恒例の…

ちのみーず


0426ちのみーず@


またも先生、スタッフさん哺乳中…


またも里親探し手伝ってやるか…


この時期…

保健所もボランティアさんも
子猫を抱えまくっています


千葉市の動物保護センターは今では
乳飲み子の保護があると
ミルクボランティアさんに哺乳を託し
離乳したらセンターに戻してもらい
里親募集をしています

このシステムが全国に広がりますように…

一方で、TNRが広まれば
殺処分される子猫は劇的に減少すると思います

死ぬまでに殺処分ゼロの日本が見たい!!


 3/19浪江町、葛尾村訪問(その2)
2017年04月09日 (日) | 編集 |


3/19日は久しぶりに…
たぶん、数カ月ぶりに葛尾村の給餌にも
行きました~


葛尾村の給餌は仲間と連携して
間が開かないようにしていますが、

最近は福島在住のたけさん、ぽこさんが
回ってくれることが多いんです

久しぶりに来たら、取り壊されている家が
かなりあり、風景が違っていて
迷うことがしばしばでした


もう村に帰らない、帰れないと決めたのか
震災以後、給餌ポイントにさせていただいて
いた家がなくなって、更地になっているのはさみしいですね


時の流れを感じます。。


それでも、私たちが運ぶフードで命を
つないできた猫たちを見捨てることはできません


更地になったところに
たけさんが給餌ボックスを設置してくれてました


0406夏湯給餌器


カメラで確認もしていて、ここには
主に3匹の猫が通ってきているそうです


Mさんのお宅に行くと…
勝手に住み着いているキジ白が早速
出てきてくれました


0406でぶキジ白@松本茂


3,4年前にTNRした♀です

あの時がんばってTNRしていなければ
ここも猫パラダイスになっていたかもしれません

TNR大事です
今ある命を守るためにも

このキジ白も命をけずって子育てを
する必要がなくなったせいか
ふっくら(すぎる?)として、穏やかな日々を
過ごしているようでした


葛尾村は昨年6月に避難指示解除に
なりましたが、帰ってきている村民はごくわずか…

帰村したのは、ほとんどが高齢者です


その一人がNおじいちゃん、おばあちゃん


三春町の仮設住宅に住んでいるころから
村に帰ってきたいと言ってました

それまで5年間ずっと葛尾の家で留守番を
していたトラちゃん


0406トラ2@南條

おじいちゃん、おばあちゃんがやっと帰れる
となったころから、腎臓が悪いことがわかり…

80歳を超えたおじいちゃん
頑張って、車で30分はかかる動物病院に
通院してくれています

「5年間待ってたからな~
トラには長生きしてもらわねえど」って

トラちゃん、頑張れ~!


Nさんちには犬もいます

初めて見た時は、その肥満ぶりに
口あんぐり…だったのですが


0811南條さん犬1


支援者さまが送ってくださったダイエットフードを
差し入れつつ、「このままだと死んちゃうよ」って
脅しつつ… ダイエットを続けてもらった結果


おおっ、微妙だけど、確かに痩せてる!!
痩せてるよ~~


0406南條さんわんこ


「このままダイエット続行だよ!」
って釘を刺しておきました~


この日は給餌以外にも大事なミッションが
ありまして…

諸般の事情から、給餌を止めて欲しい
と言われてしまったS牧場に食べに来て
いる猫たちの捕獲


1016篠木キジ白


この子とよく似た白キジがあと2匹います


捕獲機をしかけ、給餌の後に回収しに行くと…


0406シルキー捕獲


白キジ1匹ゲット~


人間の事情は猫にはわからないと思うけど
ここにいたらいずれ飢え死にしちゃうからね

この自然いっぱいの葛尾を離れるのは
嫌だろうけど…

千葉に連れて行くよ!


ってことで、お持ち帰りしました~

S牧場にちなんで、名前は「シルキー」


たけさんもS牧場で何頭か保護してくれているので
残っているのは、たぶんあと1匹

これからこういうケースが増えるんだろうなあ
ただ命をつなぐために給餌していた震災直後
とは事情が違うからね。。。

まあ、なんくるないさー で頑張ります!!


 3/19日浪江町、葛尾村訪問(その1)
2017年04月06日 (木) | 編集 |


先日…と言っても、かれこれ2週間以上

経ってしまいましたが、浪江町と葛尾村に

給餌活動に行きました!


もりけん号(運転手:もりけん)で
くうちゃんの里親のIさんが
同行してくださいました~


(保護時のくうちゃん)

0706くう2


ひどい猫風邪で目が塞がり
ただ声だけは大きくて
ミャーミャー鳴いてた…



今はこんなに立派になって…

0406くう3歳



Iさんは最近、ご自分でも猫を保護されていて…
その里親探しを手伝ったりしています

猫助けのネットワークが広がるのは
嬉しいですね~(*^_^*)


給餌の前に、Iさんには是非
LYSTAの猫サロンOhanaに案内したくて…

開店前のお忙しい時におじゃましてしまいました~


Ohana外観


Iさん、Ohanaの主旨に賛同して

私なんか、たぶん生きている間は
とてもできないような金額の寄付を
Ohana開設のためにしてくださったんです

(私の場合、死亡保険金を遺す以外には
とても無理な金額…)



起き抜けにも関わらず
猫じゃらしに食いつくニャンズ


0406じゃらし@Ohana


朝ごはんに集まるときは
みんな、おしっぽピーン!

嬉しいね~


0406食事風景@Ohana



ちょうど1年前、人馴れ修行のため
LYSTAに預かっていただいた
チャールズ改めのりお(千葉出身)もいたよ~


のりお


あたまに味付け海苔を一枚乗せて
いるので、「のりお」と改名


0406のりお肉球


透明キャットウォークは…

「やーい、肉球みーちゃった!!」

的な得した気分\(^o^)/

(「パンツみーちゃった!!」 のノリか?)


周りには温泉旅館もあるので、
今後は是非ゆっくりと滞在したい。。


その後は一路、浪江町へ


まずは3.11レスキュー日誌のおやじさんの
シェルターへ


わんこたちが熱烈歓迎してくれたため
置かせていただいているフードを
積み込むだけの予定だったのですが…

そのまま後にできるはずもなく

急きょ、みなのお散歩へ

(葛尾村のショコ、ハク)

0406市川さん、ショコ、ハク


えっと、名前が覚えきれない…

茶系の子たち^^;

0406第二シェルター2


えっと、この秋田犬は「こまち」?

あれっ、「つむぎ」かな?

0406こまち


おやじさんシェルターには犬が20頭くらい
いるので、なかなか名前が覚えられません^^;


みんな、とっても良い子で、人間が大好きです

早く、新しいお家、家族が見つかるといいね~


その後、私たちは浪江町町内の給餌へ

3月末の避難指示解除とお彼岸が重なって
いたせいか、これまでになく車と人が多い
浪江町でした


桜はまだまだ、梅の花が満開でした~


0406梅の花@浪江


長くなるので、葛尾村編は「その2」に続きま~す♪