「家畜おたすけ隊」 応援してます!
2011年08月05日 (金) | 編集 |

これまで被災地の犬猫の保護に

微力ながら協力してきた私ですが

もちろん圏内に取り残された家畜の

悲惨な現状にも心を痛めていました

多くの皆さんがそうだと思うのですが…


ただ 犬猫と違って 牛や馬となると

どうやって助ければいいのか

国や地方自治体の方針が

大きく関係してくる分野なので

果たして民間団体が関与できる問題なのかも

よくわからなかったのですが…


そんな中 餓死や安楽死ではなく

安全な場所、サンクチュアリーのような

場所に集めて 余生をまっとうさせて

あげたいとたった一人立ち上がった

うら若き女性がいました


福島でのボランティア活動を通して

間接的に知り合った 谷さんです


1か月ほど前 谷さんが東京で開いた

最初の会議に出席したのが

谷さんに直接誘われた私の友人のNさん

Nさんに誘われよくわからずに出席

したOさんと私…

広い会議場に 4人だけでした…


とても牛馬に興味があるとは思えない

華奢な谷さんの心に秘めた熱い思いが

どんどんたくさんの人を惹きつけ


今では 他の動物愛護団体や地元農家

そして獣医、議員、タレントなど

様々な人たちが協力を申し出てくれるようになりました


私もできる範囲で協力したいと思っています



(家畜おたすけ隊)

helpcow.jpg


谷さんはじめ家畜お助け隊の皆さんは

8月9日に福島県庁周辺で

家畜の保護を訴えるデモを

計画しています


せめて私にできることと思い

某公共放送のディレクターさんに

取材をしてくれるよう依頼したところ

大変興味を持ってくれました


当日 ニュースでデモの様子が

放送されるといいのですが…


でも メンバーの方々が新聞社などの

メディアにあたっているようなので

どこかで取り上げてくれるでしょう


皆さんもぜひご覧になってください


詳しくは↓
家畜おたすけ隊



テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
毎日新聞
がんばっていますね。たぶん何らかの接触はしていると思いますが、野良猫に関する記事などを多く取り扱ってくださっているのは、毎日新聞が多いような気がします。少しでも輪が広がると良いですね。暑い中いつもありがとうございます。
2011/08/08(Mon) 09:07 | URL  | toku #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック