出戻り娘(渦の場合)
2017年05月14日 (日) | 編集 |

出戻りもいろいろありますが…


手毬の場合は、里親様は愛情をたくさん
注いでくれたのですが…

残念ながら、環境的要因で…
出戻りました…


同じころで戻ってきた「渦」ちゃん


0513渦全身


クリスマスのころお届けして

里親様のところで、何不自由ない暮らしを
していたのですが…


0513渦@里親様宅


そう言えば、最近どうしているかなと
里親様にメールを出したのが3月頭

すると、思いがけない返事が返ってきたのです


毎日、渦が手や足に襲い掛かり
本気噛みしてくると…

「愛おしいと思う反面、噛まれると
2日くらい無視してしまい、自分の狭量さ
が嫌になります」と…


思いがけない返事にびっくりして…

「これから10年以上、家族として一緒に
暮らして行けますか?」と聞きました

里親さんが幸せじゃなければ
猫も幸せではない

「もし自信がないのなら、戻してください」
と言いました

里親様は1か月くらい悩んだ末
渦を私の元に戻す決心をしたのです

傷跡を見せていただきましたが
確かにひどい…

堅いお仕事のため薄着になった時
会社の人にどう思われるか・・

そう考えて泣く泣くでした

その涙を見た時、何とか噛み癖を治して
戻してあげたいと思いました


里親様の話では…
本気で噛むようになったのは
里親様の仕事が忙しくなり
帰宅が遅くなったころからだそうで

帰宅してしばらく遊んであげて
もういいだろうと食事をしたり
テレビを見ていたりすると襲い掛かってきたと

それ以外の時はないと
夜も一緒に寝ていたと



人のそばにいるのが大好きな渦

0513渦腕枕


長時間での一人の留守番がよほど
ストレスがたまったのだと思います

噛むシチュエーションが決まっているのなら
案外、簡単に治るかも…と思っていたのですが


わが家で噛み癖を治す訓練をしようにも、
まだ一回も噛まれていない


決して猫は好きではないが
他の猫がいるので関心が散らばるせいなのか

本気噛みするようなシチュエーションにならない

いろいろ考えた末、
里親さんには、渦は他の気の合いそうな猫と
一緒に飼うか、それが無理なら渦のような
人への依存性が高い猫ではなく
一匹でも大丈夫な性格の猫を飼うしかないと
提案しました

お返事はまだ…


たかが猫、されど猫

みんな、その子がどうすれば一番幸せか
真剣に考えているのです

渦ちゃんの幸せはどこにあるのかな~?


0513渦腹見せ


渦の重~~い愛情を
がっしりと受け止めてくれる留守番のない
大家族さんがいいのかな~?

そろそろ、渦の今後のことを決めないとね


あっ、私には重すぎるので
ムリですから~





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック