今年最後の給餌
2016年12月31日 (土) | 編集 |


二時間ほど前に福島から帰宅


30日だから、高速料金もう休日割引きだろうと

思ってたのに、、

桜土浦からいわき勿来まで3,130円って

いったいどーゆうことやねん?


帰りは頑張って、頑張って、日立南太田まで
下道でいき、土浦北で降りたのに1,710円ってどーゆうこと?

距離感ない方すみませんm(__)m


年末年始1週間くらい高速休日料金にしないから
大渋滞が起きるんじゃ、アホんだら


責任者出てこーい!

と、ぶつぶつくどきながら、今年最後の給餌に行ってきました!



年末で、同行者見つからず


一人ぼっち… 給餌ぼっち…


クリぼっちなんて言うけど、

私、十数年やってますから


今さら、なにさっていう感じ


話がすぐ逸れる…


とにかく、12月はたくさんフードのご寄付をいただいたため、どーしても年内に給餌に行き
余ったフードはほかの仲間のため
拠点に運び入れたかったんです






今まで使っていた浪江町の拠点は諸事情から撤退し、
3.11レスキュー日誌のおやじさんこと赤間さんが

ご実家の一室をフード置き場として提供してくださいました!






これで、私が行けない時も、仲間がフードを待っている猫たちに届けてくれます


にゃんたも





渦ちゃんも





チーノも





シュガーも






その他たくさん…たくさん…


みんな、私たちが運ぶフードで命をつないできました


みんな、息を潜めて待ってるんです


今回も猫を見かけることはなかったけど


車の音を、人間の足音をじっと聞いているんです


だから、住民が戻っきて、私たちが必要なくなるまで、運び続けます


赤間さんのシェルターに保護されている
わんこたちは皆幸せそうでした

葛尾村のハク、ショコ兄妹










飼い主は連絡さえもして来ない

顔を見にさえやって来ない…


犬猫は飼い主を選べない…


自分で幸せをつかめない…


子どもの時からの命を大切にする教育と
法律改正の両方が必要だ


あっ、また話が逸れた…



浪江町は快晴で、空気がピリっとして清々しい1日でしたー!










帰りにいわきの里親さまの所に行った
あか、ハッピーにも会ってきましたー!


相変わらずの大歓迎で、写真が撮れんがねー








少し締まって、でも毛はツヤツヤで
幸せそうでした!



おおっと、今日は大掃除と帰省が待ってる

寝ようーっと(ᵔᴥᵔ)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック