幸せのお届け報告
2016年12月03日 (土) | 編集 |



早いもので、もう師走

今年は特に早かったー!


ちゃんと数える暇もありませんが、
たぶん今年は30匹くらい里親探しをしているはず…


仕事をしながら、年間30頭と言うと、
休みはほぼ全て里親会か、お見合いか、
お届けに費やしていることになります…


まだ確定申告してないし、
もう9ヶ月遅れてる…


あと一ヶ月
我が家の保護猫さんたちに新しいお家で、
本当の家族とお正月を迎えてもらうため
頑張ります!


そうそう、インフルエンザの件では
ご心配おかけしましたm(__)m

たくさんの方からお見舞いのメッセージや
メールをいただき恐縮です


もうすっかり元気です😃


すでに一度日帰りで福島に行き、
猫のお届けにも二回行ってますから


ちょうど一週間前

大事なミッションのため、いわき市に行きました


仲間のボラさんたちとこの一年半
世話をしてきたハッピー、あかの親子を
里親さんに届けるという大事なミッション


あかとハッピーは高齢の飼い主さんが
施設に入った後、親子で外の犬小屋に残されました。


仲間のたけさんが飼い主さんの相談に乗り、
里親さんが見つかるまでできるだけ行ける人で通い
散歩に連れ出しました。


0901散歩1


0811都路散歩道


と言っても、場所は福島県田村市都路という田舎

一週間に一度行けるかどうか…


きっと車の音を、人間の足音を
一日千秋の思いで待っていたと思います


親戚の方の中には、
そんなボラさんに迷惑かけるなら、山に離せとか、
殺してしまえという話もあったとか…


私たちも機会あるごとに里親探しはしていたのですが、
引っ張る、首輪を噛みちぎるなどの問題もあり、なかなか希望者は見つからず…


ハッピーの子どものジョンは一足先に
福島県内の里親さんのところに行きました


後に残されたハッピーとあか


それが、今回LYSTA代表のご紹介で、
素敵な飼い主さんが見つかりました!




LYSTAでは里親さん宅にお届けする前に、
病院で血液検査、エコー、レントゲンと一通り
やってからお届けするそうです


三春にあるにゃんだーガードのスタッフさんが
二頭を高萩の病院まで運んでくれ
私はそこで落ち合いました

二頭予約してあると聞いていたのに
何故か、一頭分しか予約が入っておらず、
仕方なく、この日はハッピーだけお願いしました


子どものあかと離れ心配そうなハッピー





あかも不安そう…





ハッピーは肥満だけど、健康状態に問題はなく、一安心



一緒だと安心している様子








そして、LYSTA代表に案内していただき里親さま宅へ





脱走癖のある二頭のために
立派な小屋も作ってくださいました!





実はこの小屋の完成を待っていたため、
お届けまで時間がかかってしまいました


車から降ろす時も先に1頭降ろそうとするだけで
離れ離れになると思うのか、不安そうな声
で鳴き出します

一緒に寂しさを分け合ってきた親子

一緒に迎えてくださった里親様に本当に感謝です


「かつらお動物見守り隊」は個人ボラの集まりで
シェルターもないし、資金もあまりないし
あまり多くの犬猫は助けられません

でも、縁があった犬猫は幸せになるのを
見届けるまで、最後まで見守ります

できる限りのことをします

それは仲間共通の思いです


今回はたけさん、LYSTA、かつらお動物見守り隊
そして連携しているボラさんの皆で
親子を幸せにしてあげることができました

一人ではできることは限られているけど
力を合わせれば不可能と思えることも
可能にできる! と改めて思った次第です


あっ、あと「すあま」、「ナイト」、「一茶」
の幸せお届け報告もするつもりでしたが
長くなってしまったので、後日ということで~


明日は流山「しろいぬカフェ」で里親会ですよ~

可愛いにゃんこがたくさん参加します!


ボラさん手作りのチャリティグッズ販売もあります!


バッグ





お買い物だけでも、ウェルカムです~ 是非~

詳細はこちら↓

かつらお動物見守り隊