支え、支えられ…
2015年12月25日 (金) | 編集 |

人という字は、誰かを誰かが支えている
姿を表しているという

確かに、その通りだと思う


最近、重い病気を患っているボラ仲間の
保護猫を3頭預かった


私がいつも忙しいのをわかっていたから
言えなかったと、最後の最後になって
一頭でも預かってもらえないかと言ってきた

もうセンターに連れて行くしかないと思いながら
最後の望みを託して、私に連絡してきた

「なんで、もっと早く言ってくれなかったの?」

「だって、大変なのわかってるから、
言えなかったんだよ~」

「でも、センターには連れて行きたくないんでしょう?」

「センターは…、嫌だ」


彼女は県の動物愛護推進委員で
地域猫の普及やセンターの環境改善のため
それは一生懸命、時には悪者になってまで
改善を訴えてきた

常に保護猫を20頭くらい抱え…

「自分は譲渡が下手だから
抱えちゃうんだよね。。」って言ってた


特に障害がある猫を積極的に受け入れていた


その彼女がすっかり弱弱しくなり…


「センター連れて行きたくないんだよね?
だったら、絶対に連れて行かないよ」

って言った時、顔がぱあっと明るくなった


約束したからには、保護猫11頭の行先を決めないと…


いろいろ考えていると、友人が「猫リパブリック」を
教えてくれた「

駄目元で現状を説明すると
「いいですよ、うちで数頭は預かれます」
とのお返事をいただいた

本当にありがたい

成猫の場合、ネットだけではなかなか
猫の個性が伝わらない

猫カフェで、普段の姿を見ていただき
その子の個性に何かを感じ
一緒に暮らしたいと思ってくださるのが
理想的だと思う


今日わが家で預かっていた2頭を
猫リパさんにお届けした


闘病中の仲間がミルクから育てた三毛姉妹

「まる」と「むぎ」


IMG_1931[1]


IMG_1930[1]



私は彼女を支えているのかもしれないが

私はたくさんの人に支えられている


猫リパの皆さん、
びびりな子ならうちのほうが馴れが早いと
預かりを申し出てくださったLYSTA代表
友だちに聞いてくれたボラ仲間


私が保護した猫の里親さんたちも
ご寄附を送ってくださった

人は支えあうものだという言葉が
しみじみとわかるクリスマスでした



さあ、今日から11日間の間で
仕事に行くのはたった1日~~!!


ああ、やりたいことがいっぱいある~

まずはブログを更新して・・
断捨利して…
部屋をきれいにして…

おっと、里親募集も頑張らないとね~~

まる、むぎが抜けて
ただいま13匹

一桁目指して、赤い糸をたぐりま~す♪


コメント
この記事へのコメント
これは美談ではないですよね?
多頭飼育崩壊・ボラバージョンですか?
高齢者世帯には譲渡不可、あるいは後見人をつけろ、と募集条件をつける側のボランティアが一人で保護猫を20頭も抱え、いざというときのセーフティーネットも持たずに活動することの危うさをまざまざと見せつけられた思いです。

「譲渡が下手だから残っちゃうんだよね」その自覚があるならば、一頭出したら次の仔を保護するなど、どこかで線引きするべきではないのですか?

3.11後、むやみやたらと保護しまくり数十頭の猫を抱えて個人の自宅がまるでシェルターになっている方を数人見かけますが、もし、ご自分の身に何かあったときはどうするつもりなんだろう?と思います。

私は自分の身の丈にあった活動しかしないし、できません。
2015/12/27(Sun) 13:53 | URL  | とくめい #o1.4XMvc[ 編集]
生きるチャンス
個人ボランティアの皆さんは、少なくとも
そのままほおっておけば確実に死を迎えるであろう子達に生きるチャンスをあげています。ボラさんが今 健康であっても先の事までわかりません。それは自分の家猫一匹だけだったとしても同様です。
匿名投稿の方は、むやみやたらと記していますが、決してむやみやたらな保護のされ方はしていませんよ。よく状況を知りもせず、名前を隠し、無責任なコメントを書くあなたがバカに見えます。非難するなら誰だかわかるように意見を述べるべきです。
匿名の非難コメントは一切無視しましょう!♪
2015/12/28(Mon) 08:21 | URL  | ビリフタナッツクーママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック