白黒チビーズ育猫日記その1
2015年06月24日 (水) | 編集 |

6月8日に宇都宮保健所から引き出した
白黒チビーズですが…

2週間以上経って、やっと引き出し時の
体重に戻りました~

「うどん」と「わかめ」はもっと増えたけど


子猫の名前は…
宇都宮からの帰りの車の中で
たぬきさんとあーでもない、こーでもないと
なかなか決まらず…


ふと横を見ると…
うどん」の大きな看板が…


うどんと言えば…
やっぱり上に乗せるのは
「わかめ」じゃない?


(右: うどん♂  左: わかめ♀)

0618わかめ、うどん@キャリー


そうなると、やっぱり一つの丼の中に
おさまったほうがいいよね~♪

と言うことで…

(たまご♀)

0618たまご診察台


目出度く一つの丼の中に収まり

保健所の担当者は
「カリカリ」食べるって言ってたし
今回の育猫は楽だわ~

とまったく楽観していました…

担当者は
「ちょっと軟便気味です」と言ってたけど
まあ、離乳直後の子猫はお腹が安定して
いないからよくあるわよね~

がっ…、三匹とも軟便とは言えないほどの
ゆる~い便で…

翌日病院に連れて行き健康診断


わかめ380グラム

0618わかめ診察台


爪も切ってもらいます

0618わかめ爪切り


たまご440グラム

0618たまご爪切り


「爪切りイヤじゃ~~!!」

0618たまごいや~



うどん 440グラム

「ボクもこれ嫌い…」

0618うどん爪切り


特に問題はなく
下痢止めのお薬をもらってきたのですが…


私と先生が気になったのが
保健所に持ち込まれたときに
(たぶん生後1か月になるかならないか…)

ワクチン三種
フロントライン(ノミ、ダニ駆除)
ドロンタール(回虫その他虫駆除)
バイコックス(コクシ駆除)

と一式投与されていること

子猫は生後2か月くらいまでは
母猫からもらった抗体があるので
通常初めてワクチンを打つのは2か月を
過ぎてから


「こんな小さな体なのに大丈夫なのか?」

この後、その不安は的中することになるのです。。


次回に続く…




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック