8年前の今日…
2015年05月04日 (月) | 編集 |

産まれたばかりで、まるでハツカネズミ
みたいだったハッピとプリンを拾いました

実は、もう一匹兄弟がいたのですが
その子は段々とミルクを飲まなくなり
1週間くらいで亡くなってしまいました。。

乳飲み子の場合、ミルクを飲まなくなると
ほとんどの場合、助けられないような気がします。。


その子の分までも育って欲しいと
必死で、フラフラになりながら
毎日残り二匹の授乳をしていました


3時間おきの授乳なので、うとうとしたかと
思うと、もう次の授乳の時間で…

一か月で5キロ痩せました~

(がっ、後にすぐにリバウンド。。)


仕事も忙しくて、ホント、よくできたなあと
我ながら感心します

子猫の授乳なんて産まれて始めて
の経験で、毎日無我夢中でした

80グラムだった体重が
100グラム、200グラム、300グラム
と増えるにつれ、やっと少し安心して
写真や動画を撮ることができました


生後3週間のハッピとプリン

0504ハッピ授乳


0504プリン授乳


プリンは体重が100倍に増えました^^;


0504プリン巨体


まるで、浜に打ち上げられたトドかっ?


そんなプリンちゃんもこんなに頼りなくて
あどけなくて、可愛かったんですよ~


0504プリン生後三週間


この頃、ハッピが初めて血尿を出して
入院していました。。。

それから、何度も尿管がつまってしまい…

その度に入院、抗生剤治療

でも、根本的な治療がなくて
途方にくれているころでした。。


0504モモ、ハッピエリザベスカラー


それまで一人っ子で、他の猫を見たことが
なかったモモがよくお世話してくれたっけ


0504モモ、ハッピ


こんな風に兄妹仲良く遊んでいるのを
見ると、絶対にプリン一匹にはしたくない
と思ったものでした

0504ハッピ、プリン1ヵ月ちょっと


尿管が完全に詰まって
毎日膀胱から尿を抜くしかなかったハッピに
岡本先生がお腹に尿道口を作る
手術をして下さり、やっと普通に尿を体外に出せるようになったんです

手術後も、自然の尿道ではないために、
お腹が尿でびちゃびちゃになり、ただれてしまったり…

いろいろ気苦労は続きました。。

本当の意味でほっとできたのが
生後半年くらい


0504モモ、ハッピ、プリン生後半年


それまで何度も、「今夜が山場」と言われて
きただけに、こうして三匹本当の親子の
ように仲良くしているのを見て
じわっ~と嬉しかったのを覚えています


もし、産まれたばかりの子猫を拾ってしまった
方がいたら

「離乳までの1か月ちょっと、身も心も
ボロボロになります」

「でも、それを忘れるくらいの喜びが
得られますよ」

と言ってあげたいですね♪


私がまたそんな子猫を拾ってしまったら

えっ~、もうそんな体力ないっす

でも、やっぱりその瞬間から怒涛の
授乳生活に入るんでしょうね。。

考えてる暇ないですから

とにかく目の前の命を何とか助けないと

母猫の代わりをしないとって思いだけ

になると思います

現在、乳飲み子を抱えている方には

ありがとうございます!!

と言いたいです^^


ご支援のフード続々と届いております
ありがとうございます!!

カインズ、アマゾンから送って下さった方は
明細書に送り主が書かれていないため
メールでも、こちらのコメント欄からでも
結構ですので、お名前をお知らせいただけると
有難いです^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック