葛尾TNR第三日目リリース!
2015年04月08日 (水) | 編集 |

葛尾村TNR第三日目の月曜日は
前日までの雨が嘘のように
朝から青空が広がり、
リリースにはぴったりの日でした


「ぢっち」ちゃんは、私がスペイクリニックに
持ち込んだ時、熱があったようで…
(だから、元気がなかったのね。。)

おまけに口内炎もひどかったようですが

輸液と抗生剤とステロイドのおかげで
だいぶすっきりとした顔になり
カリカリもむしゃむしゃ食べられるように
なっていました


0407ぢっちドライフード


抗生剤とステロイドの薬を飲ませるため
しばらく、ぽこさん宅で療養となりました


0407ぢっち@ケージ


私たちは他の3匹を車に積んで
葛尾村目指してGo!

天栄村から葛尾まで1時間半くらい


自分の縄張りに戻った茶とらん


0407チャトラリリース


ケージの扉を開けると
全速力で逃げる!!

それから、立ち止まって
私たちのほうを見つめていました~


「戻してくれてありがとう」と言ってたのか

それとも、

「ひどい目に合わせてくれたな、覚えてろ」

と言っていたのか。。


たぶん、前者です^^


これまでの経験上、猫は病院に迎えに来て
元の場所に戻してくれた人間に親近感を
持つようです

その前に、同じ人間に捕獲されたことは
忘れるようなので、こちらとしては有難い^^


リリースの様子を動画に撮りました~
(声も入っているので、ご注意!)






お次は、シャムミックス母とキジ子


この子たちは、保護して里親を探したい
という気持ちもありましたが、
いつも餌をあげてくれているKさんが
とても可愛がってくれているので
それは言い出しませんでした

Kさんは、震災後避難したまま帰らない
隣家の猫の世話をずっとみていて
シャムちゃんたちはその猫が産んだ
子どもたちなのです

現在も1日おきに帰宅しているし
来春避難指示が解除となれば
すぐに葛尾の自宅に戻って来るそうなので
シャム親子はKさん宅の広い敷地内で
一緒に暮らしていくのがきっと幸せでしょう


Kさん宅の動物慰霊碑

長年生計を支えてくれたのに
震災後手放すことになった豚への
感謝の気持ちを表しています


0202慰霊碑


達者でな~

時々、来るからね~


0407広谷地親子リリース


仲良く、走り去る後姿を見ていて
「これで良かった」と思いました。。






今後もTNRは随時行っていくつもりです


それと同時に、手術した猫たちがちゃんと
元気に暮らしているかも確認していきます


とりあえずは、お疲れ様でした~♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック