葛尾村TNR第二日目終了!
2015年04月08日 (水) | 編集 |


計画では、土日の2日間でTNRを
終了するはずでしたが
2日目が一日中雨だったことや
手術が二日目の午前中になったことで
予定を伸ばし、月曜日に帰ってきました~

3日間の走行距離1,500km超え

特に、葛尾とクリニックがある白河との
間は3往復しました~

早朝から夜遅くまで手伝ってくれた
くにさん、たぬきさん
ありがとうございました!


土曜日、主要ターゲットだった
シャムミックスがなかなか捕獲器に入らず
「警戒心が強いから、ダメかな…」
と思っていたところ

少し離れた豚舎に仕掛けておいた
捕獲器にやっと入ってくれました


あとは朝回収することにして、
その晩は天栄村のぽこさん宅に泊まりました


がっ、翌朝は早朝から冷たい雨

捕獲器の中に動物が入っていたら
ずぶぬれになってしまう…と
朝5時に天栄を出発!

葛尾村に着いたのが7時前

どきどきしながら
捕獲器を回収していくと…


0407雨に濡れた捕獲器

何も入ってない…



0407風でしまった捕獲器

動物が入る前に風で扉が閉まったのか?



0407食い逃げされた捕獲器

中に入って扉はしまったけど
扉の下をこじ開けて逃走したもよう…


結局、食い逃げ2台
扉が閉まってしまったの2台
まったく手つかずのままのが2台

きつねやたぬきが入っていなかったのは
良かったけど、がっかりでした


そこで、前日から「痩せた」「口が痛そう」
と自警団の方から聞いていた
キジトラをスペイクリニックの先生に
診察してもらおうと探したところ…



0407ぢっち@猫ハウス


いました~
ぽこさんたちが公衆トイレ脇に置いてくれた
猫ハウスの中に

でも、やっぱり元気がない。。

好きなササミにも口をつけない。。。


ちょっと抵抗されましたが
何とかキャリーケースに入れて
白河市のスペイクリニックへ

0407ぢっち@スペイ


実はこのキジトラくん
スペイのスタッフの方々も葛尾村を
回っているのでよくご存じで

前回、見かけて気になっていたので
「連れてきてくれてありがとう!」と
感謝されてしまいました^^

実は、スペイクリニックのリーフレット
の裏表紙にこのキジトラくんの写真
が使われているんですよ~


自警団の方によると、皆さん、
「ぢっち」、「ボス」、「ボケ」と
それぞれ違う呼び名で呼んでいるそうです

ボケはかわいそうだよね^^;


スペイでたぬきさんと合流
(新幹線で来てくれました)

3頭の手術とキジトラの治療を
していただいている間
急いで葛尾村に戻り
巻き巻きバージョンで給餌に回りました~


都路のコータローと仲間たち

0407コータローと鶏


お見送りしてくれる三毛

0407デブ三毛


つんでれキジ

(私が触ったところを消毒ちう^^;)

0407家老川キジ


スペイに猫を引き取りに行った時には
すっかり夕方になっていました~

それから葛尾に戻ってリリースするのは
私たちも怖いし…
猫たちも心配だし…

ということで、天栄村のプチシェルター
(ぽこ宅)に1泊


おかわりを要求する茶とらん
(この子、肝が座っています


0407チャトラ@ぽこ


この子も肝が座ってる!
出されたものはすべて完食!

0407キジ子猫@ぽこ


一人かたまるシャムミックス


0407シャムミックス@ぽこ


スペイの先生の話では
出産経験があると・・・

と言うことは・・・

姉妹だと思っていましたが、
どうやら「母娘」のようです

そう言えば、シャムちゃんは
常にキジ子猫を見守り
キジ子猫は常にシャムに頼る
という感じでしたね。。

母と娘が一緒に子育てをすると
言うのは聞いたことがありますが
どちらも「妊娠」していました。。

私たち地域猫活動に携わっている人は
こんな時、「ああ、間に合ってよかった」
と胸をなでおろします

一般の人は「堕胎なんてかわいそう」と
思うかもしれませんが、
産まれてきて幸せならば
もちろん、産ませてあげたいです

でも、餌を奪い合う生活は子猫には
厳しく、1歳まで育つのは本当に少ないんです

飢えたり、獣に襲われたり、
病気になったりするだけの生が良いのか。

猫は増えすぎたとたん、「害獣」となり
駆除や虐待の対象となってしまいます

今生きている猫たちが幸せに
寿命をまっとうできるようにするには
TNRは欠かせません

今回、この2頭を手術できなかったら
秋の出産シーズンを終えるころには
20頭以上になっていました

だから、捕獲数は目標の7頭には
達しませんでしたが
私も、くにさんも、たぬきさんも
大いに達成感を感じていました

でわ~、長くなるので
3日目のリリースの様子は次回へ!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック