6/22, 23日福島県原発避難区域給餌報告
2014年06月28日 (土) | 編集 |


先日の福島行きがちょっとハードだった
せいか、リハビリに時間がかかってます

1日10時間以上、
2日で1,200~1,300km
くらい走っているので、帰ってきた後は
しばらくハンドルは握りたくないです。。

2日目の夕方くらいには手首が痛くなる。。

でも、楽しかったですよ~

最近は、新しい仲間も次々加わって
くれて、毎回メーリングリストで同行者
を募り、一緒に行っています

何度か一人で行ったことはあるけど
人が住んでいない村や町なので
何かあったらと思うと、正直、
一人では心細いですからね。

1日目は独身アラサー(?)のIさんと
浪江町に給餌に行きました

人が住まなくなると、優勢になるのが
野生動物と雑草・・・

627ボロヤ


自分の背丈よりも高い雑草の間を
分け入って行かなければならず・・・

ミミズ、ムカデ、トカゲ、蛇・・・
長くてうにょうにょしたのが
死ぬほど嫌いなので
毎回ぎゃーぎゃー言いながら
給餌ポイントに向かっているんです。。

夏の給餌には「草刈り鎌」と「レインコート」
が必須ですなあ。

でも、一時帰宅する度に荒れて行く
わが家を見なければならない
被災者さんは辛いだろうなあ。。

627本間

このお宅の庭にはフツーに
イノシシの親子が闊歩していました。。

この日は小雨が降る梅雨らしい
一日でしたが、仲間のみやさんが回れなかった
ポイントをすべて回りました

帰りは、今では許可証がないと
通れなくなった浪江町津島を久しぶりに通ってみました

(震災後2年くらい普通に通れて
いたのに・・・)

東電への皮肉たっぷりの
貼り紙が有名なお宅

627津島


「毎日パチンコできるのも
東電さんのおかげです・・・」

「家族の絆が強くなったのも
東電さんのおかげです・・・」


何もかも奪われてしまった家主さんの
心情を思うと、「理不尽」という言葉しか思い浮かびません


川内村では除染がさらに進んで・・・
おおっ、5階建てになってる!

627除染


のどかな田園風景には似つかわしく
ない黒い袋があちこちに積まれています。。

たとえ住民の帰還がかなったとしても
原発事故を思い出させる黒い袋を
毎日見て過ごさなければならないって
気持ちが落ち込むだろうなあ。。


今日はとうとう猫は1匹も見なかった
と思っていると・・・


627三者会談

三者会談中の猫さんたち^^

山木屋の某ショップは飼い猫が
たくさん残されていることで
給餌ボラさんの間で有名でしたが
今は近所の方が毎日えさをあげてくれて
いるという事で、みんなまったりしています

この夜は天栄村の「ぽこさん」のお宅に
泊まりました・・・

と言っても、ご主人は北米ツーリング中

ぽこさんは信州に行っていて・・・

私一人で宿泊・・・ さみしーっ!

缶酎ハイ3本飲んでさっさと寝ました


翌朝、玄関のドアを開けると・・・

627天栄トラ


出入り猫の「トラ」くんが
待ちくたびれていましたよ~

このトラくん可愛い顔して、へび、もぐら
を持ち込むそうなので、私的には要注意!

前日とはうって変わって快晴のなか
「たぬきさん」を迎えに鏡石駅へ

なぜか、牛のオブジェがいっぱい

627鏡石駅

たぬきさん、千葉から新幹線で
来てくれました! 

そして一路、葛尾村へ

葛尾は一気に夏になっていましたよ~

627家老川風景

ある川のほとりの給餌ポイント
フードが空っぽになっていたので
みんな待っていてくれました!

627家老川


近くに来たいけど、なかなか素直に
なれないシャイなキジくん

627家老川キジ1

この日は合計5匹出てきてくれました!


別のポイントでは
もう1年半は姿を見ていなかった
キジくんも出てきてくれました!

627下枝キジ

正直、死んでしまったかと思ってた
けど、どっこい、たくましく生きてるね!

この家のお宅ではメスの白猫が
可愛い子猫(やっぱり白!)を産んでました

実は、TNRの時にご主人から
「白猫の血を絶やしたくないから、
メスは手術しないで欲しい」と言われ・・・

オスと白猫ではないメスだけを
手術したのですが・・・

ご主人の願い通り、白猫の血は絶えていませんよ~

ご主人、一時帰宅中に車の中で
突然死されていました

長びく避難生活のストレスがあったと思います

まだ50代か60代初めくらいの方でした

期せずして、遺言のようになってしまい
ちょっと複雑です・・・

通称「猫パラ1」では
黒猫ちゃんが3頭出てきてくれました

627猫パラ1


たぬきさんはここで保護された
「銀ちゃん」を預かってくれています

銀ちゃん、エイズキャリアで
おまけに「トラばさみ」にかかったらしく
片脚が欠けていますが
日常生活に支障はなく、あのボス猫の
威厳はどこへやら、毎日だみ声で
たぬきさんに甘えまくっているようです^^


この日の葛尾村は相変わらず
除染のまっさかり

627葛尾除染

自警団の団長のお話では
この小さな村で去年1年間に除染に
かかった費用が600億円!!

今年はさらに上回るとのこと

政府、東電には
「それでも再稼働させたいのか!」
と言いたい!

この日も某ポイントで保護を予定して
いる猫のために捕獲器を仕掛けたの
でうが、またも空振り・・・

う~む、手強いなあ・・・

まあ、諦めずに今後も保護を試みます!

葛尾村に今も残されている数少ない
わんこたち

顔にダニがいっぱいついていました

627茶犬

627白犬


次回はフロントラインを持って行かないと!

帰りは、帰還困難区域を見たことが
ないたぬきさんのため
富岡町経由で帰りました


JR富岡駅

627富岡駅


海のすぐ近くにあるため
駅舎は津波で持って行かれたのか
ホームの骨組みしか残っていません

関東の人は「福島はもう復興している」と
思っているようですが、3.11のままの
残っている場所は面積にしたら広大です

二度と電車が通ることのない線路を
見ていると、自然災害の恐ろしさと同時に
便利な生活のもろさをしみじみ感じます


こんな感じで2日間のミッションを終え

給餌の後のお楽しみは・・・

最近はいわき四倉の「草の根」で
天丼か海鮮丼を食べること

これは普通の天丼で850円


627天丼

大海老天丼になると
どんぶりから超はみでた海老天が
乗っています^^

6号線コメリの隣で~す♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック