3/23日浪江町給餌
2014年03月28日 (金) | 編集 |

いつの間にか桜の季節ですね~

昨夜帰宅時、近所の桜が
夜空に映えてきれいだった~


ここ何年かは桜の季節はいつも
仕事に追われ・・・

桜をゆっくり見る余裕もなく
福島に行った時に、少し遅れて
桜を堪能していました^^

今は住民が住んでいない富岡町の
桜並木、見事なんです


先週末は富岡ではないけれど、
旧警戒区域の給餌に
アジアツーリング旅行から帰国した
ばかりの「ぽこさん」と回ってきました~

ぽこさんと同世代だけど


「パワフル」です!


ガンバる昭和世代!


前夜にわが家に泊ってもらい
翌朝早くに出発


まずはいわき市のLYSTAさんに寄り


わんこたちにご挨拶


327リスタ


にゃんだー時代からの仲間が
ボランティアに来ていて・・・


なんか、嬉しいです^^


同じ思いの仲間は自然と同じ所に
集まってくるのかな~


別に誘い合ってるわけじゃないけど
頑張っている団体は応援してあげたいと
自然と集まるんだよね


327しろう


LYSTAさんのわんにゃんに
後ろ髪を引かれながら、浪江町へ

前日にみやさんが回れなかった
所を回ります


まずは、3.11の直後ということもあり
お彼岸ということもあり

浪江町請戸にあるという慰霊碑へ


沿岸部は震災から手つかずのまま・・・


327浪江沿岸


327慰霊碑船


慰霊碑というから大きなものを
想像していたのですが・・・


小さなお墓でした・・・


でも、次々とお参りの人たちが


327慰霊碑



見回りに回っていた消防団の人たちも
慰霊碑の前で車を停め
お参りしていました


327慰霊碑消防団


浪江町の津波の犠牲者は200人近く

その多くがこの請戸地区の方でした

町の人の悲しみは3年くらいでは癒えません

いえ、死ぬまで癒えるこはないのでしょう。。


私たちも初めて慰霊碑にお参りできて
良かったです


いつも駆け足で給餌ポイントを周り

捕獲器をしかけ、捕獲器を回収して・・・


今回もみやさんが保護した猫の
兄弟が残っていると思われるポイント
2カ所に仕掛けたのですが・・・

空振りでした。。



毎回イノシシに荒らされている場所は
さらに唐辛子を吊し・・・


327浪江遠藤


何匹か猫も見かけたのですが

いつも猛ダッシュで逃げられ・・・


かろうじて撮れたのは

この子↓


浪江町営


小さすぎて、わかんないかな^^;


そのくらい、みんな人間がいない生活に
慣れて、車の音がするだけで
隠れてしまうんです。。



浪江からの帰り道

避難準備区域の山木屋近くで・・・


狩りをしていたはちわれ君(たぶん♂)


327山木屋


近くに、JCNさんが置いた給餌箱があるのに
中はからっぽ・・・


お腹が空いていたのね

と、フードを補充していると

待ちきれずに・・・


327はちわれ1


背中を触ってみると
少しゴツゴツしてました


パウチを3袋も平らげたので
かなりお腹空いてたのかな?


327浪江はちわれ2



後ろ髪を引かれましたが
人なれしているので飼い猫かもしれないし
耳カットがあるのでどこかの団体が
管理している猫かもしれないし


ぽこさんがここを通る時は
フードを補充してくれるということで

安心して、その場を後にしました~



ぽこさんもこの日の給餌をブログに
書いているので、見てくださいね~


私より写真も文章も上手!!


ぽこ&けんいち通信






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック