週末の給餌活動&LYSTAボラ
2014年03月05日 (水) | 編集 |

なんか福島から帰ってきてから寝てばかり

土曜日の早朝出て、いつものように
帰りは深夜になったのですが
翌日は13~14時間寝てしまった。。

それから仕事以外はほとんど寝てばかりzzz

疲れがたまっていたんですかねえ…

もう年かなあ… 
若い頃のようにはいかない…

な~んて、思っていたら
ワタクシまだまだ行けそうです^^

先日あごのリンパ線が腫れてしまい
医者で念のためといろいろな検査を
したのですが…

すべてAll right! No problem!

てか、数値が良すぎるくらい良いそう^^


飲み続けて数十年…
最近は休肝日もなく…
そろそろ肝臓にがたがきはじめるかな?
と内心心配していたのですが…

肝臓の数値は、先生いわく
「むしろ、良すぎるくらい良い」そうです^^

心の中で、
「よっしゃ~、まだまだ飲めるぞっ」って
ガッツポーズ取っていたのを見透かすように 

「調子に乗って飲み過ぎちゃ駄目よ」
って言われてしまいました^^;

と、前置きが長くなりましたが
先週土曜日に原発事故の避難区域で
ある双葉町と浪江町に給餌に行ってきました

雪のため、長く立ち入りが制限されて
いたので、帰還困難区域に入るのは久しぶりでした~

同行してくれたのは
妙齢のさときちさんとIさん

独身女性三人(一応ワタクシも)で
回ってきました^^


今回は住民の一時帰宅に同行する
という形でしたので、
なにしろ時間がない!

原発近くにあるスクリーニング場で
受付をして、線量計や防護服などをもらい
それから5時間後には戻って来なければなりません

移動時間を考えると
実質活動できるのは4時間くらい

その間に捕獲器を設置して
給餌ポイントを回って
最後に捕獲器を回収しなければなりません

今回はどの給餌ポイントも
餌がほとんどなかったため時間がかかり
20カ所くらいしか回れませんでした


餌がどのくらいなかったのか
待ち切れなくなって、出てきてくれた
キジトラちゃん


305キジトラ

この子は10メートルくらいまで
近づけたので、捕獲器を仕掛ければ
保護できたかもしれない…

ああ、でも持って行った2台はすでに
他の場所に設置した後で残念でした

私たちは、今後ますます中に入るのが
難しくなるであろう帰還困難区域の
猫をできるだけ早く保護したいと思っています


でも、最近は短時間ではなかなか
捕獲器に入ってくれません。。

猫の足跡はいっぱいあるのに…


この日も捕獲器は空のままでした。。


しかも、イノシシに荒らされている
給餌ポイントが相変わらず多く

さときちさんがみっちりと
イノシシが嫌いな唐辛子をつけてくれました~


305給餌器


保護はできませんでしたが
給餌が難しい場所を含め
20カ所は回れたのでよかったです~

同行のさときちさん、Iさんが
頑張ってくれました~ ありがとう!


スクリーニング場に2時過ぎに戻り
簡単なスクリーニングを受け

時間がまだ早いということで
いわきのLYSTAさんに寄ることにしました

ちょうど夕方の散歩に間に合い
私は「しろう」と「幸」ちゃんの担当に


午後から降り始めた雨が強くなり
芯まで冷やされてしまいましたが


しろうも


305しろう


先月保護された
元気くんも幸ちゃんも


305元気幸


お散歩ルンルン♪♪


寒くないのかねえ~? 
おばちゃん、かなり寒いよ~


その後、猫部屋のお手伝い


と言っても、さときちさん、Iさんが
ほとんどやってくれて
ワタクシ猫さんと遊んでばかりでした^^;


一番のお気に入り「のび太」くん


305のび


大きなお顔に太い脚
あんぱんのようなお手々
たぽたぽのお腹

ああ、たまりましぇ~~ん!


そして、外見に反して
甘えん坊さんだったりすると

さらに、たまりましぇ~~ん!


305のび2


でも、LYSTAさん最近保護が相次いで
いて、猫部屋の猫密度が上昇していました


さあ、この写真の中に
猫が何匹いるでしょうか?


3057匹


答えは「7」匹!


305猫番号


コンテナハウスの中にこの倍以上
いるので、ああ、お金があったら
コンテナかプレハブを寄付したい!


どなたか使っていないから持って行って
って言ってくれる方いませんかねえ?


LYSTAさんは犬猫の治療には
お金を惜しむことなく使ってくださるため
常に資金不足です。

少しでも構いませんので
ご支援金だけでなく、フードや猫砂など
ご寄付いただけると嬉しいです^^


LYSTA~動物たちに光と再生を。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック