くうの帰宅
2014年01月29日 (水) | 編集 |
FBの「いいね!」ボタンがおかしいので
前のテンプレートに戻してみました

文字も少し大きくしてみたりして
試行錯誤ちう…


昨日、目の治療を1泊2日で受けた
くうを迎えに行きました!


病院に行くと、待合室まで聞こえる

「うにゃ、うにゃ~(早く出せ~}」

「にゃご、にゃご~(つまんねえぞ~っ!」


というくうちゃんの声


中に入ると、


くう@病院1


くう@病院2


くうは生後1ヵ月くらいで保護した時
ひどい猫風邪で、目も鼻もぐちゃぐちゃ…

特に目は、腫れ上がり
目やにで塞がっていました



その後、病院に11日間入院して
先生が毎日目薬をさしてくれた
おかげで、1週間後くらいにやっと
目が開いたのです!


目が開かなかったら、
うちの子にしよう!
って覚悟していましたが


でも、風邪の後遺症で涙管がつまった
ままで、あふれた涙が固まって 
毎日拭いてあげないと
真っ黒になってしまう状態でした

それでも大きくなるにつれ
段々良くはなってきましたが…

里親さんに毎日目やにを拭いて
もらうのが申し訳なくて
なかなか里親募集ができませんでした


ところが、
「毎日、目やに拭いてあげますよ」
という心優しい里親さんが現れ、
今週末お届けになりました!


でも、本当なら去勢手術の時に
涙管に水を通す治療をするはず
だったので…

(先生が忘れてしまいました。。)


里親さんにお届けする前に
その治療をしていただいたわけです^^

効果があまりない場合もあるそうで
これから様子を見ないといけませんが


家に帰ったとたん
しばし「うー、うー」言いながら
走り回り、子猫相手におっかけっこして


おもちゃにくらいつき…


くう@家1



やっと 遊び疲れたくう


くうひなたぼっこ



ぷりんに甘えたりして…


くう@家3


こんな姿ももう見られなくなるね…

ちと、寂しい…

いや、かなり寂しい…


くうちゃん、かなり存在感あるからなあ…


でも、里親さんのお宅には先住猫さんが
3匹いるので、気に入ってもらえるかどうか


くうのハイテンションぶりに
みんなどん引きじゃないかなあ…

と心配はありますが、
とりあえずトライアルということで
お届けしま~~す♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック