1/17日福島県被災地給餌活動
2014年01月26日 (日) | 編集 |
なんか、あっという間の1週間でした。

先週末2日福島に給餌活動に行った後、
帰宅後少し寝て、今度はおたくの聖地
秋葉原でフリマ!

この日は今シーズン一番寒い日で
おまけにビル風で骨の芯まで冷やされ

あまりの寒さで、腰から下はほぼ凍死状態


いやあ、おおげさじゃなく
ホント、しばれたべ~


そんな中に、なんと半袖Tシャツの男を発見!

目がまん丸になって、まじまじ見てしまい
ましたが、なんと半袖から出た腕は鳥肌さえも
立っていなかった!


同じホモサピエンスとは
思えないっ!


恐るべし、アキバ!


と前置きが長くなりましたが…


先週土曜日は、

♪母さんが夜なべをして~♪

作ったイノシシよけとイノブタよけを
車に積み、浪江町と葛尾村に給餌に
行ってきました!


まるで、なにかのおまじないのように
新興宗教のお祭りのように…


同行のノアママさんが
鬼のようにイノシシ除けをつけてくれました^^


浪江1


君たちも必死に生きているのはわかるが

前のように山のものを食べておくれ

これは猫ちゃんたちの命綱だからね


浪江2


この日見かけたのは

お食事中だった猫ちゃん一匹

猛ダッシュで逃げてしまいました。


もう犬も猫も原発近くの町には
いないんじゃないの?


と、思う方も多いと思いますが、
ところがどっこい、みんな頑張って生きてます!

ただ、人間がいない町に慣れてしまって
車の音がするだけで姿を隠してしまうだけ


この日は給餌を終えてLYSTAさんに行き
数日前に富岡町で保護された
「幸」ちゃんと「元気」くんに会いました!


(幸ちゃん)
浪江3



どちらも飼い犬だったのは明らかです

飼い主さんも住民もいなくなった町で
3年近くもよく生きていたね!


福島の被災地では、もう犬の姿を見かける
ことはほとんどなくなっていました

でも、この2匹はボラさんが設置した
定点カメラに写っていたため、
LYSTAさんが救出に向かったのです。

関わってくださった皆さま、
お疲れ様でした!


詳しくはLYSTAさんのブログを
ご覧くださいね!

LYSTA~動物たちに光と再生を。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック