ふうちゃんのお届け
2012年08月01日 (水) | 編集 |

いやあ~
毎日 暑いですなあ~

節電とは言いながら
エアコンつけっぱなしです…

でも うちにゃんたちはエアコンを
避けて 北側の部屋でのびているし

週末は福島のシェルターに行って
いましたが
いやあ~ 福島も暑かった~


今回の目的は
犬のふうちゃんを里親様宅へ
お届けすること


思い起こせば 
ふうとももの兄妹にあったのは
5月末に葛尾村に給餌に行った時


初めて会った日のふう


ちょっと人見知りしながらも
一生懸命しっぽを振って
おすわりしてくれたね^^


ももちゃんも可愛かった^^


初めて会った日のもも


まだ 3,4ヵ月かなと思ったら
もう7ヵ月になるという…


葛尾村の自宅からいわき市に
避難している飼い主さんによると
「普段は散歩できないので
葛尾の自宅に帰ってきた時だけ
放してあげてる」とのこと…


聞けば 震災直後から私たちボラが
給餌をしていたふさふさのモコちゃんが
母犬だというじゃないですか…


飼い主さんも可愛がっては
いるようでしたが…

兄妹の将来を考え
「こちらで預かり 
里親探しをしましょうか?」と
申し出ました


「考えたい」と言うので
連絡先を渡し別れましたが
3日後くらいにお電話をいただき
即 お迎えに行きました!


そのまま 獣医さんに直行!


ももふう@病院


ドライブでお疲れの兄妹

ももちゃんはうたた寝してたっけ


少しやせ気味で筋肉がついていないので
よく日光浴と散歩をさせてください
と獣医さんに言われました


それから シェルター常駐のスタッフや
ボラさんのケアのおかげで


3週間後会った時には
こんなにふっくら健康的になっていました!


ももふう@シェルター


垂れていた耳も立ってるし!

里親募集を開始すると
かわいい兄妹なので
申し込みはいろいろあったのですが

体の小ささと素直な性格から
考えて 「室内飼い限定」で
お願いして

里親探し担当者に無理を言って
いろいろとお断りしていただきました


そして 私がこれぞと思ったお宅に
「お宅訪問」にうかがったのですが…

即 「これぞ ふうちゃんのお家!」
と直感しました


広~いお家に 広~いお庭

猫を5匹も保護されたり
ケガをした犬を1年預かったりと
本当の動物好きのご夫妻

そしてお茶目でかわいい4歳のHちゃん


お庭と葉月ちゃん


ふうちゃんが来たら
広~いお家の中で猫ちゃんたちと
共存しながら自由に暮らして欲しい
とのお言葉


もうその時点で
猫と一緒にお昼寝するふうちゃん
Hちゃんと広いお庭で遊ぶふうちゃん
等々が目に浮かぶようで…


「可愛いふうちゃん
全面的に託させてください!」
という感じでした^^


ということで
日曜日にシェルターにお迎えに行きました!


卒業はうれしいけど
ちょっとさみしいボラさん


卒業の日@シェルター


ちょっと不安げなふうちゃん


車中のふう


道中 一言も鳴くことなく
たまに振り返ると…
つぶらな瞳で見つめるだけで

もうぅ いじらしいくらい
可愛~~いい!


里親様宅到着は夜になって
しまいましたが 
楽しみに待っていてくれました


新しいケージの中


ここはどこ?

この人たちは誰?

という感じのふうちゃん


でも 大丈夫!
すぐに新しいお家の良さが
わかるはず!

里親さん一家と


翌日 里親様からのメールには
私が帰ってから少しずつケージの
外に出てきて 探検するようになり

夜は ご主人と一緒にソファで
肩を並べてテレビを見ていたそうです

オリンピック観戦かしら?

すぐに 「ずっと前から家に
いたような感じ」になっているそう^^

シャー子さんの忘れ形見兄弟に続いて
また一つ肩の荷が下りました~~


と 思いきや…
また肩の荷が一つ、二つ増えそうな
予感が…

まあ それは後日ということで~

テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック