もも、糖尿病かっ?
2012年04月27日 (金) | 編集 |

2,3週間前から
「なんか もも最近すごく水を飲むなあ…
あっ また飲んでる…」と思っていたのですが
ご飯はよく食べるし 元気に遊んでるし

「でも でも… 
やっぱもうシニア世代だし
血液検査受けてみよう」と
軽い気持ちでかかりつけの動物病院に
連れて行ったのですが…

検査の結果
腎臓の数値異常なし

がっ 血糖値 430(が~~ん)

食後とはいえ高すぎるということで
糖尿病の疑い極めて高し!
インスリンを打つことになりました!

そして翌日から 適切なインスリンの量を
決めるため血糖値をモニターするのに
数日間の入院となりました…

がっ ほとんど外泊したことのない
深窓の令嬢のももちゃん

病院のケージの中で固まったまま
水にもフードにも一切口をつけず
おしっこもうんちもしなかったため

先生も私も入院は1泊2日で諦めました…


帰宅早々 ご飯をたいらげ
お水をチャッチャッと飲み
おしっことうんちをさっさとして
くつろぐももちゃん…


IMG_2099.jpg


毎日通院して血糖値を測ってもらい
インスリン(最低量)打ってもらっています


今日も採血


今 自分で打てるよう
先生にいただいた注射針とインスリンの空き瓶で
家で練習しています…(ううっ 不安…)


ただ ももちゃんの場合
昨年の夏 口内炎を発症してから
治療のために4,5度ステロイドを打って
いるため その影響で血糖値が高くなっている
可能性もあるとのこと

そうであれば 薬の影響が薄れたら
血糖値は正常に戻るかも?

もう ただひたすら 
そうであることを願っています


私のように仕事の時間が不規則な人には
毎日決まった時間にインスリンを打って
あげるなんて無理です…


でも 仕事をしないとうちにゃんの医療費も
払えないし 高い療法食も買えないし…


今回ほど 猫好きな同居人が欲しい!と
思ったことはありませんわ…


愛猫家限定の合コンなんてありませんかね?

あっ もちろん 
中高年限定ですよ^^;


ところで…

さびシスターズですが
最初は平屋のケージに入れていたのですが
2日目には新しい環境に慣れて
狭いケージの中 どたばたと追っかけっこを
していたため

2階建ての新居にお引越しで~す

古いキャットタワーの柱を
階段代わりにしてあげると

「キャッ キャッ」と大喜び^^


階段1


あっという間に2階に上れるようになりました


階段2


落ちて骨折などしないよう
下に毛布と猫ベッドを置いています

まだ名前を決めてないさびシスターズ
次回の更新で詳しく紹介しますね~

似ているようで 
よ~く見ると 
それぞれなかなか個性的


たぬきっぽいところが何ともめんこいです~
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
微々たる応援
ももちゃんの数値がサクッと回復しますように!
うちのロイヤルカナンが残りわずかでしたので、こちらサイト経由で楽天市場購入させていただきましたー。
2012/04/28(Sat) 19:11 | URL  | 日和倶楽部 #Scvb2jZI[ 編集]
Re: 微々たる応援
日和倶楽部 様

微々たるどころか、とても心強い応援です。
ありがとうございます。
ポイントが何か形になるくらい貯まりましたら、
被災地の犬猫か地域猫のために使わせていただきますね。
気にかけて下さって嬉しいです^^

ももちゃんもきっと良くなると信じて
インスリンを自分で打ちます(怖いけど…)

バーコードおやじ様ますます快調ですね
いつも楽しみに見ています♪
2012/04/28(Sat) 23:41 | URL  | TokTok #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック