バーコード親父と福島報告
2012年03月29日 (木) | 編集 |

最近… 恋してるんです…

生まれて初めて バーコードの愛らしさに気づきました!

猫を溺愛するバーコード親父のけなげさに
胸キュンものですぞ~ ↓


日和倶楽部の「二番茶 煎じました」



タヌキモードの愛猫を陰から見つめる
バーコード親父の小指立て気味の手に
ハートを撃ち抜かれました~

(やられた~~笑)


ところで 週末の福島行きですが
にゃんだーのぶたまる隊長から朝突然命令を受け
2日続けて浪江町の津島地区に入りました

原発からの距離は20~28kmですが
線量が高いために近く「帰宅困難地域」に
指定されるのではないかと言われている地区です

もちろん警察のバリケードの中です

私は昨年5月、まだ線量の高さが発表されて
いない頃にこの辺りに入ったのですが
当時はまだ避難せずに残っている方も
いたし 牛も牛舎につながれたままでした

にゃんだーが特別な許可証を取ったために
今回10か月ぶりに入れたのですが
中はほとんど動く物(車も)は見ない状態でした

まだ写真を整理してないので…
ぶたまる隊長のブログから失敬してきた写真

(モデル本人なので まあいいかな)

南津島1


運転未熟な私に
命を預けてくれて ありがとう~

南津島2


隊長からさずかったミッションは
「弱っている犬猫がいたら捕獲してくること」


畑の中を車を走らせていると…

めっけ~~

かわいい白茶猫さんが小屋に
逃げ込むのが見えました!


捕獲器を仕掛けて
他の給餌場所を回って戻ってみると…


つぶ@捕獲器


ゲッチュ~ 

元気そうだけど まあいいか
こんな人家もない所にいても
長くは生きていけないだろうし…

それに帰宅困難地域になってしまったら
ボランティアも給餌にこれなくなってしまうし…


というわけで にゃんだーに連れて帰りました^^

隊長には
「なんだ ただの野良猫じゃん」
って言われてしまいましたが…

失礼な!!

発見者の権限で私が「つぶ」ちゃんと名づけました!

まだ1歳くらいの若い猫ちゃん

警戒してお尻見せてくれなかったので
まだ性別はわかりませんが…

可愛いからきっといい里親さんが見つかるはず!

まあ そのほかにもいろいろと
ハプニングはあったのですが…

また 今度ということで~


「今日のうちにゃん」

眠たくて舌出し忘れのハッピ


眠たくて舌をしまい忘れているハッピ


See you!



テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック