出戻り娘 (手毬の場合)
2017年04月11日 (火) | 編集 |

里親募集をすると、よく
「トライアルありますか?」と聞かれますが

私たちは基本的にトライアルは設けていません

先住猫さんがいる場合でも、
もし相性が悪かったら居住空間をわける
などして、どちらの猫も最後まで看取る
覚悟でお願いしています

「うちの猫のお友だち探しています」と言われると、
「じゃあ、お友だちになれなかったら、
お家には置いてもらえないのですか?」と聞きます

厳しいかもしれませんが
お友だち失格の猫はいらない・・・
という方はお断りしています


それだけの覚悟で迎えていただいても
一緒に暮らしてみて、想定外の解決が
難しい問題が生じる場合もあります

そんな時は相談の上、
継続が難しいと思えば引き取らせていただきます


飼い主が幸せじゃないと、猫も幸せじゃない
猫が幸せじゃないと、飼い主も幸せじゃない

どっちのほうが大事ということはないんです


最近、手毬(てまり)、渦(うず)と立て続けで
出戻って来た女子たち


手毬は千葉市の多頭飼育崩壊現場から
レスキューされ、わが家で預かり
里親を探しました


(元飼い主さん宅の手毬)

手毬@現場



同じく多頭飼育崩壊現場からレスキュー
された犬を飼っている希望者さんと
お見合いの上、話がまとまりまして
希望者さんが新築のアパートに移られる
のを待って、2月末にお届けしました


0410手毬お届け


先住犬のシロちゃんは、最初は人を怖がって
隠れてばかりだったというのが信じられないくらい
素直で賢くて… お手、ハイタッチもしてくれました^^


0410手毬、シロ2


シロちゃんはすぐに手毬が大好きになり
手毬を舐めてあげたり、一緒に寝たり
それは微笑ましいほどの仲良しぶりだったそうです


0410手毬、シロ


ところが、お届けして1週間も経たないうちに


手毬の目が涙目になり、しょぼしょぼしていると
連絡を受けました


0410手毬涙目


鼻水も出ていると…

動物病院に連れて行くと…
耳だにがいるので、耳を掻こうとして
目をひっかいてしまったのだろうと言われ

何も言わず、リボリューションをされ
目薬を出してもらったということでした


その目薬を使い切っても
完治しなかったため
別の病院に連れて行くと…

またもリボリューションをされそうになり
やったばかりですと言うと、
1カ月したら塗布してと1回分渡され
たぶん風邪ということで目薬と飲み薬を処方されたそうです

そのあたりの動物病院
どんだけリボリューション好きなの?

保護当時、千葉で既にしているんです

通常なら、ノミのフンが体毛についていたり
検便をして虫が出なければそんなにする
必要があるとは思えないのですが…

病院も薬も変えても治らないと言うので
一度こちらで預かり、かかりつけの先生に
見てもらったほうがいいだろうと思い
引き取りに行きました

車で片道1時間弱かかる里親様のお宅に
到着すると…

手毬ちゃんの鼻からは水のような鼻水
がずるりと垂れ下がり…

目はしょぼしょぼで涙目…

正直、これはひどいなと思いました。


わが家に連れ戻り
翌朝、病院に連れて行こうと思うと
あらっ、あの垂れ下がっていた鼻水が止まってる!

目も少しすっきりしている…


0410手毬backhome


(デフォルトで目やにつけてますが^^;)

という訳で、3日ほど投薬もせずに様子を
見ていたら、自然と前の手毬に戻ってしまいました


不思議で、原因は何だったのかよく考えたのです


元の飼い主さんの家と私の家では
鼻も目も異常はなかった

里親さんの家との違いは…

里親さん宅には犬がいる
新築住宅である
猫がいない

と言うことは…
犬アレルギーなのか、
シックハウス症候群なのか…

犬猫もシックハウス症候群になるそうです

有害な空気は下のほうにたまるので
人間より下のほうで生活している犬猫の
ほうが影響が大きいとか…


対策はとにかく換気と空気清浄機

確かに、まだ寒い季節だったので
里親様も頻繁には換気していなかったようです…

里親様宅にまた戻して症状が出れば
やはり何かの外的影響だとはっきりしますが
そんな実験のようなことは手毬にとってかわいそうです


里親様も「まだ慣れないうちから薬を飲ませたり
うちでずっと辛い思いをさせてしまったので
手毬ちゃんのために里親は諦めます」
と言ってくださいました


特定はできませんが、犬アレルギー
シックハウス症候群の疑いがあるため
今度は慎重に里親さんを探そうと思います


ボブテイルで、子ウサギのように可愛い手毬

手毬二日目2


里親様、再募集中で~す♪