3/19浪江町、葛尾村訪問(その2)
2017年04月09日 (日) | 編集 |


3/19日は久しぶりに…
たぶん、数カ月ぶりに葛尾村の給餌にも
行きました~


葛尾村の給餌は仲間と連携して
間が開かないようにしていますが、

最近は福島在住のたけさん、ぽこさんが
回ってくれることが多いんです

久しぶりに来たら、取り壊されている家が
かなりあり、風景が違っていて
迷うことがしばしばでした


もう村に帰らない、帰れないと決めたのか
震災以後、給餌ポイントにさせていただいて
いた家がなくなって、更地になっているのはさみしいですね


時の流れを感じます。。


それでも、私たちが運ぶフードで命を
つないできた猫たちを見捨てることはできません


更地になったところに
たけさんが給餌ボックスを設置してくれてました


0406夏湯給餌器


カメラで確認もしていて、ここには
主に3匹の猫が通ってきているそうです


Mさんのお宅に行くと…
勝手に住み着いているキジ白が早速
出てきてくれました


0406でぶキジ白@松本茂


3,4年前にTNRした♀です

あの時がんばってTNRしていなければ
ここも猫パラダイスになっていたかもしれません

TNR大事です
今ある命を守るためにも

このキジ白も命をけずって子育てを
する必要がなくなったせいか
ふっくら(すぎる?)として、穏やかな日々を
過ごしているようでした


葛尾村は昨年6月に避難指示解除に
なりましたが、帰ってきている村民はごくわずか…

帰村したのは、ほとんどが高齢者です


その一人がNおじいちゃん、おばあちゃん


三春町の仮設住宅に住んでいるころから
村に帰ってきたいと言ってました

それまで5年間ずっと葛尾の家で留守番を
していたトラちゃん


0406トラ2@南條

おじいちゃん、おばあちゃんがやっと帰れる
となったころから、腎臓が悪いことがわかり…

80歳を超えたおじいちゃん
頑張って、車で30分はかかる動物病院に
通院してくれています

「5年間待ってたからな~
トラには長生きしてもらわねえど」って

トラちゃん、頑張れ~!


Nさんちには犬もいます

初めて見た時は、その肥満ぶりに
口あんぐり…だったのですが


0811南條さん犬1


支援者さまが送ってくださったダイエットフードを
差し入れつつ、「このままだと死んちゃうよ」って
脅しつつ… ダイエットを続けてもらった結果


おおっ、微妙だけど、確かに痩せてる!!
痩せてるよ~~


0406南條さんわんこ


「このままダイエット続行だよ!」
って釘を刺しておきました~


この日は給餌以外にも大事なミッションが
ありまして…

諸般の事情から、給餌を止めて欲しい
と言われてしまったS牧場に食べに来て
いる猫たちの捕獲


1016篠木キジ白


この子とよく似た白キジがあと2匹います


捕獲機をしかけ、給餌の後に回収しに行くと…


0406シルキー捕獲


白キジ1匹ゲット~


人間の事情は猫にはわからないと思うけど
ここにいたらいずれ飢え死にしちゃうからね

この自然いっぱいの葛尾を離れるのは
嫌だろうけど…

千葉に連れて行くよ!


ってことで、お持ち帰りしました~

S牧場にちなんで、名前は「シルキー」


たけさんもS牧場で何頭か保護してくれているので
残っているのは、たぶんあと1匹

これからこういうケースが増えるんだろうなあ
ただ命をつなぐために給餌していた震災直後
とは事情が違うからね。。。

まあ、なんくるないさー で頑張ります!!