締切迫る! 動物愛護法改正のパブコメを出そう!
2011年08月27日 (土) | 編集 |

<緊急のお知らせ! 最新の記事は
この下にあります>



突然ですが、みなさん、今、日本にいる
ペットたちは幸せだと思いますか?

日本で動物の保護を続ける外国人の方が
「日本の犬猫にだけは生まれてきたくない」
と言っていたのを覚えています。

終電間際の六本木で どぎつい照明で
ひときわ目立つペットショップがありました。

眠たそうで疲れ切った目の子犬を見ながら
きれいなキャバクラのお姉さんが客らしき男に
「買って、買って~」とねだっているのを
見たときには、正直…
(お下品でごめんなさい)
へどが出そうになりました…

衝動で買った命がその後どうなるか
だいたいの予想はつきます。


今の動物愛護管理法は抜け穴だらけです

ブリーダーやペットショップの自主規制に
任せる部分が多いために、深夜の繁華街で
明らかに生後2か月も経っていない子犬・子猫が
売られていたり、一生散歩もすることなく、
狭いケージの中に入れられ、糞尿にまみれ
年4回も5回も出産させられ、使えなくなると
処分に出される犬猫は数きれないほどいます

その後、優しい里親さんに出会えるのは
本当にごくわずかで、日本で年間に処分される
23万頭の犬猫のうち、4頭に1頭はいわゆる
ペット取扱い業者やブリーダーから持ち込まれた
ものだと言われています。

もちろん、純血種を守り育てることは意義があります。
大きな使命感を持って犬猫を繁殖させている
ブリーダーさんもたくさんいます。

その一方でパピーミルと呼ばれる大量生産工場で
何の倫理観もなく命を大量生産しては、
不要な命を処分している悪徳業者もいます。

そのような現状を変えるため、皆さんの声を
環境省に届けてください!

環境省は現在、動物愛護管理法の見直しの
一環として、国民の意見を聞くパブリックコメントを
募集しています。

締め切りは 8月27日!!
あとわずかしかありません!

前回の見直し時には、ペット業界の組織票により
9,500対200という愕然たる結果で、意義ある改正が
行われませんでした。

また5年後の改正まで現状を許すことはできません。

一歩一歩確実に不幸なペットを減らし、
いつか「処分ゼロ」を達成すべきです。

私なりに意見をまとめ環境省に送りました。

これを参考にご自分の意見をまとめられても
いいですし、私の意見に賛同であれば、
そのままコピペして送って下さって構いません。

意見書

送る方法は、メール、ファックス、郵送のいずれか

メールが一番簡単ですが、意見書の添付は
不可ですので、本文に意見をコピペして
必ずテキスト形式で送ってください。

ご自分の名前、住所、連絡先は必須です。

件名は、
「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
としてください。

アドレスは
shizen-some@evn.go.jp

ファックス、郵送の宛先は
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
FAX:03-3508-9278


日本のペットの現状を少しでも改善するため
一人でも多くの方に意見を送っていただきたい
ので、拡散をお願いいたします。


以下のブログは大変参考になります。

One Action for Animals
ジュルのしっぽ
純情子猫物語


動物愛護法の改正に懸命に
取り組みながら、その成果を
目にすることなく急逝された
「純情子猫物語」のKAZUさんの
ためにも、ご協力よろしくお願いいたします。


KAZUさんのご冥福をお祈りします。




[追記」
1分でパブコメを提出できるサイトが
あります

「いのちをつないだワンニャン写真
コンテスト」を主催している
公益財団法人どうぶつ基金です

是非 ↓をクリックしてパブコメを
出してください


1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可


テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット