被災地給餌活動 in 浪江町(2/29日)
2018年02月01日 (木) | 編集 |

私の愛車フィットがもう少しで15万キロ
というところで力尽きてしまい…

12年半乗ったので、まあ仕方ないかと
いうことで、車を買い替えました~

と言っても、
新車ではなく、試乗車あがりの中古車





走りを試したいこともあり
先日、ノアママさんと福島に行ってきました~

軽自動車は初めてなので高速運転に
少し不安だったのですが…

全然オーケー、むしろ快適~


さすが、人気あるだけあります
ホンダのN-シリーズ


朝の5時に我孫子で待ち合わせをして
福島へ向けてGO!!


まずは浪江町のおやじさんシェルターに
寄って、お散歩のお手伝い


0201散歩1



第一シェルターのわんこの散歩が終わり
第二シェルターへ


ここには葛尾村のショコハクもいて
尻尾がちぎれんほどの大歓迎


0201ショコ、ハク、ノアママ


ブリーダーが捨てた
ハスキー、秋田犬などの大型犬もいます


0201ハスキー兄弟


車もめったに通らないので
のんびりお散歩


0201第二シェルター散歩


そして、私たちは浪江町内の給餌ポイントへ


前回ぽこさんたちが給餌してから
2週間くらい(?)


ほとんどのポイントが空っぽ


0201給餌器



しばらく猫を確認していないポイントには
モーションカメラを設置します


0201カメラ


こうして、猫が来ていないポイントは
廃止していったため、ずいぶん少なくなり
浪江町内の給餌は二時間かからないくらいに
なりました(以前は4時間以上かかりました)。


そして、再度おやじさんシェルターへ


里親会に向けて1頭か、2頭預かろうと
思っていたのですが…


はち割れくんから猛アピールを受けました~


「ボク、行きます! 行きますにゃ~!」

0201オーレ膝の上


「連れてって~~」

0201オーレ抱っこ


ということで、スモーキーブラックの
はち割れ(オーレ)くん、決定~~‼!


次に、最近ハッピ似のシャムミックス
を保健所から引き取ったと聞き…

ハッピ似と聞いて、ほおっておけるわけもなく

ふうちゃん(♀)決定~~‼!

IMG_E5699[1]


飼い主が保健所に持ち込んだそうです。。


そして、最初から預かるつもりだった
ゆきまろ似の白子猫


0201スノウ、赤間さん


まだ名前がついてないということで
「スノウ」と名付けました~


浪江町にいてはなかなか巡り合う機会も
ないので、私のできる範囲でお預かりして
里親探しをしています


0201赤間さんシェルターから預かり猫



3匹ともすっごい構ってちゃん
甘えたちゃんなので

身体が一つでは足りにゃい…


譲渡会がんばらねば…


0201譲渡会


浪江町のおやじさんこと赤間さんの
活動については、Sippoの記事をご覧ください


原発被災地で犬や猫を保護する元原発作業員 今も捨てられる動物

 お正月@葛尾村(後半)
2018年01月13日 (土) | 編集 |

1週間前は空気が澄んだ葛尾村で
すがすがしい気持ちでいたのに…

あれから1週間…

もうすっかり都会のあわただしさに
飲み込まれています


村営のせせらぎ荘に1泊して
村が少しずつ復興している様子を
じかに感じることができて…

良いお正月休みになりました~


(正月休みの半分は、風邪で寝込んでいたけどね…)


せせらぎ荘の宿泊客は
私たち「かつらお動物見守り隊」の
メンバーだけ


広いお風呂にのんびりつかり…


1112せせらぎ荘お風呂


お風呂から出たら
自然の冷蔵庫でほどよく冷えた
缶チューハイを飲み


1112自然の冷蔵庫


暖かいお部屋で、うっすらと雪化粧の
裏庭を眺め… 最高にリラックス


1112せせらぎ荘部屋から


翌朝は7時にせせらぎ荘を出発


1112せせらぎ荘前景


お正月ということで
もりけんがお雑煮を作ってくれました~♪


1112もりけん雑煮


1112雑煮


ハートもお腹もぽかぽかになったら
村内の給餌ポイントへ


前夜、テレビに出ていたトラジ


1112トラジ


震災後に近所の猫が寄り付き
一時は7~8頭いたトラジの家も
今はトラジだけ…


飼い主のYさん
仮設住宅に取り残されている猫を
連れて来るなんて言ってたけど
トラジと仲良くできるといいなあ…


1112トラジ2


同じように震災後近所の猫が
寄り着いているKさん宅では

3年位前にTNRしたキジ♀
だけ姿を見せてくれました


ご褒美に美味しいウェットを進呈


1112鎌田さんキジ


姿は見えなくても
雪の上に残った肉球マークで
ご飯を食べに来ていることがわかります


1112肉球マーク


震災からもうすぐ7年

みんな、頑張ってるね~


そのほかの給餌ポイントでも
さっと隠れる人(猫)影を見かけたり…


私たちが運ぶフードがいまだに
命綱であるのを感じます


村内10か所足らずになったポイントを
すべて周り…隣の浪江町へ

浪江町の給餌ポイントも
ずいぶんと少なくなりました

同行メンバーとの車内の会話が
楽しかったせいか
ほとんど写真を撮らずに…すみません


思えば、こうして泊りがけで福島に
行けるようになったのも
12月に保護猫の里親探し、お届けと頑張ったから


今のTokTok家は大人猫ばかりで
まったりとした時間が流れていま~す


1113ヒーターに4匹


0112アン、ハッピ


子猫も可愛いけどね

ああ、しばらくこんな感じで
まったりしていたい…


12月卒業した保護猫の
近況は次回お知らせしま~す♪


 2018年の始まりは…
2018年01月05日 (金) | 編集 |


明けましておめでとうございます。

本年も、ブログ、保護猫ともに
よろしくお願いいたします。


実は元旦から39度近くの熱を出し、
ひたすら寝ていました

当番医で検査を受けるとインフルは陰性

まあ、そうだろうなとは思っていました

やっぱり、年末の不摂生の数々だろうなあ…


元旦からヒーヒーフーフー

熱が全然下がらず、苦しかった( ; ; )


でも、もう若くないんだから
少し身体を労われよというメッセージだと
思い、今年は健康にも気をつけよう


とりあえず熱を下げないとということで
冷えピタをおでこに貼り
保冷剤を両脇に挟み

根性で熱を下げて、葛尾村に来ています


給餌に来る度に、
昨年から宿泊できるようになった
村営せせらぎ荘にいつか泊まりたいと
思っていて、やっと来れました!






まだ、食堂は再開してないので
食事は歩いて5分の石井食堂へ


相変わらずの盛りの良さ











私は風邪でほとんど食べていなかったので
胃が小さくなったのか半分も完食できず


でも、お持ち帰りパックがもらえます


ちょうど葛尾村を取材したテレビ番組を
放送していて


テレビに映った自分を視ているご主人






おおっと、給餌仲間のたけさん





おお、トラジまで






ほっこりしたところでせせらぎ荘に
戻り、お風呂へ





他に泊まり客はなく貸し切り状態

熱すぎず、ぬるすぎず、良いお湯でした(^-^)


お部屋からの眺めも風情があり






これで3千円は申し訳ないという感じ


明日は葛尾、浪江をゆっくり給餌して回ります。


でわー


 シュガー親子一年ぶりの再会(その2)
2017年10月07日 (土) | 編集 |


昨夜から脱走猫の捜索に協力していたのですが、
今日無事保護できて、本当に良かった~~

ちょうど前回福島から撤収してきた
トレイルカメラが手元にあったので
飼い主さんのマンション敷地内に
設置させてもらい、脱走猫の所在を確認


ナゲット4


無事保護に至りました~~♪

飼い主さん、いまごろ猫を抱いて
2週間ぶりに安眠ですかね~

私も経験あるので、ちょっと他人事ではなく
しゃしゃり出てしまいましたが、
結果オーライでしたね~

皆様も猫の脱走には十分お気をつけくださいませ

その日から安眠できる夜も
晩酌を楽しめる夜もなくなりますよ~


さて、さて、シュガーとチーノ親子の再会
ストーリー後半でしたね


前々回ですかね…

12日ぶりにブログを更新して

シュガーが出戻り、里親募集を再開
することを書いたのですが

その翌日、チーノ改めレイの里親様から

「里親さんが決まったと聞き安心しておりましたが
時々「レイのお母さんはどうしてるかな?」と思っておりました。
今回シュガーちゃんが里親募集をされると知り
「我が家に来てもらいたい!」と強く思い
メールさせていただきました。」

うわーっ、こんな更新もまばらなブログなのに
しょっちゅう見に来てくださっているのかしら
と申し訳なく思うと同時に
ずっと、シュガーのことを気にかけてくださって
本当にありがたいと思いました。

里親さんは独身ですが、きちんと経済的な
負担も考えて、二匹ならちゃんと責任を持てる
と考えての結果だと伺いました。

その後、わが家にお見合いに来ていただき
その数日後にはお届けという具合に
とんとん拍子にお話がまとまりました



原発事故以後、人がいなくなった葛尾村で
寄りそうように生きてきたシュガー親子

わが家にいたころは、それは仲の良い
親子でした

瞼の母 (古っ^^;)との涙、涙の再会…

こっちまでドキドキする~と思いきや…

愛息子のチーノ改めレイくん

「シャッー」の連発でした。。。






警戒するレイくん

「怪しい奴め、なんか見たことあるけど…」


1004レイ出窓


引いてみるとこんな感じ



1004レイ、シュガー


距離がありますなあ。。

これが一年間のブランクか。。



1004レイ、シュガー2



と思いきや…

一週間も経たないうちに…

元のベタベタ親子



1004レイ、シュガー4


「ママー、グルーミングして
あげるでしよ」


1004レイ、シュガー5


親子とわかっているのかいないのか

とにかく、仲良し家族として

一生幸せに暮らしていくことでしょう

めでたし、めでたし

 シュガー親子一年ぶりの再会(その1)
2017年10月02日 (月) | 編集 |

先日、諸般の事情から
出戻ってきたシュガーですが…

なんと、わが家滞在2週間足らずで
卒業して行きました~

それも、一人息子チーノ(現レイ)の元へ

こんなことってあるもんなんですね~


0928シュガーお届け



シュガー親子を葛尾村で見かけたのは
昨年8月

ほぼTNRが済んでいる葛尾村では
ほとんど子猫を見かけることはありませんが

それでも、目こぼしをしていたメス猫が
たまに子猫を産んでいて

そういう場合は、子猫は保護
母猫は餌がもらえる状況であれば
避妊手術の後にリターン

という方針の元に活動しています


翌月、母猫のTNR、子猫の保護の
ために葛尾村に行きました

除染作業員の方に可愛がれて
いたせいか、あまり警戒心のない親子


1002シュガー、チーノ捕獲前


母猫はまだ大人になりきっていない
ほど小柄で…

1002シュガー捕獲前


子猫は一匹しか育たなかったのか…

1002シュガー、チーノ捕獲前2


その後、母猫はいわきのLYSTAの
出張手術で避妊手術をしてもらい

千葉のわが家に連れてきました

1002シュガー、チーノ@ケージ


コーヒーシュガー色の母猫はシュガー

カプチーノ色の子猫はチーノと名付けました


このころのシュガーは子猫を守るためだったのか

私の手足をマジ噛みしてきて

里子に出すのは無理かな…

と思っていたのですが


チーノと離れ、ぽこさんに預かってもらううちに

段々と神経張り詰めた感じがなくなり
人が大好きな甘えん坊さんになりました

優しい性格で、ぽこさんの保護猫ヨン様
のお世話もよくしてくれました


かつらお動物見守り隊


今春には、めでたく里親様のところに行き
幸せに暮らしていると思っていたのですが…

いや、幸せだったと思います。
里親様も本当に可愛がってくれたと思います

ただ…

猫は風邪のウィルスだけでも何十種類もあります

その猫が過去にどんなウィルスに感染して

どんなウィルスを保有しているかは

普通の病院での検査ではわかりません

普通は、エイズ、白血病の抗体検査をして
必要であれば、コロナウィルスの検査もします

コロナウィルスはほとんどの猫が過去に
感染しているので、抗体値を調べても
すぐにどうということはありません

どんな病気が隠れているのか、
先天的な疾患があるのか、

それは症状が出ていない限りは譲渡の時
にはわかりません

だから、私たちはその猫の良い所も悪い所も

そして、その子が持っている天命も含めて

受け入れて欲しいと願っています


隠れた病気が譲渡後に見つかった場合
治療にはお金がかかります

だから、猫を迎え入れる時は
その覚悟も必要です

私たちが里親さんに求めているのは
その覚悟と愛情です


チーノの里親さんはその覚悟を持って
チーノとシュガーと一生家族として過ごしたいと
シュガーを迎え入れてくださいました

本当に感謝です



おおっと、時間がなくなってしまった^^;

確定申告しないといけないんです(今ごろ?)

税務署から突き上げをくらっていて

今日が締め切りだったのに…(;_;)

To be continued...